トップページ < お役立ち記事 < 後悔しない建築会社の選び方の話(1)〜ハウジングセンターで落ちる落とし穴〜

お役立ち記事

後悔しない建築会社の選び方の話(1)〜ハウジングセンターで落ちる落とし穴〜

人生で一番大きな買い物

あなたは大きな買い物をする時、どんな買い方をするでしょうか?
多くの方が、大きな買い物をする際は”実物を見てから買いたい”と思います。
「自動車」「バイク」「家電製品」「家具」そして「家」、何万円もするものだから後悔したくないという
気持ちが、実物を見てから・・・という気持ちを引き起こすのでしょう。

自動車を買われる際は、ディーラーのショールームへ、
家具や家電製品を買う際は、家具ショールームや家電量販店に見に行かれるのではないでしょうか?

では家づくりではどうでしょう?おそらく、家づくりを思い立った方の多くの方は、
大手有名メーカーが立ち並ぶハウジングセンターへ
行こうと思い、出かけます。

しかし、ここが実は他の大きな買い物と同じようで、大きく違った部分です。
下手をすると、ちょっと面倒くさがりの方は、この選択によって、人生で深い深い後悔に陥ってしまうことも・・・。

車のディーラーと、ハウジングセンターは違う

車を購入される方のことをまず思い浮かべて下さい。国産のメーカーにするか?海外のメーカーにするか?
国産のメーカーの中からならTOYOTA?日産?ホンダ?とメーカーを決めたら、
ある程度、自分が「コレかな?」と思う車種までぼんやり思い浮かべてからディーラー展示場へ行きます。

そこには、高級車種からワンボックスカー、コンパクトカー、アウトドアに適した車、
または軽自動車などを
多種多様な車種を取り揃えています。その展示してある車やカタログの中から、
自分の予算や、使い方に合った車を再度しっかりと選ぶことができます。

この時、ディーラー展示場には、軽自動車から高級車まで、予算や使い方に合わせた選択ができるようになっています。
ある方は、予算や車自体をコンパクトにして乗りたいからという理由で軽自動車。
ある方は、家族みんなででかけたいから大きめのワンボックス。
このようにして車を購入していきます。

ではの場合は・・・?

家を買ったことがない方が落ちてしまう落とし穴

大手のハウジングセンターでは、CMなどで有名な大手と呼ばれるハウスメーカーの建物ばかりです。
はっきり言って、高級ブランド住宅ばかりが集まっています。
車で例えるなら、BMWやベンツ、レクサスクラスの高級車ばかりが展示してある場所だと思ってください。

ハウジングセンターには、ハウジングセンターに高額の出展料を支払って各ハウスメーカーが出展するという仕組みです。
その高額な出展料を支払った大きな資本を有している会社だけが入ることができる場所です。
車のディーラー展示場のように、一つの場所であらゆる価格帯の車種が検討できる場所では無いということを知っておいてください。

軽自動車やコンパクトカーを求めていた方だったら、
そんな高級車が並んだ場所に踏み込んでしまったら、「あ、来るところ間違えた(^_^;)」と思って場所を変えると思います。
しかし、高級ブランド住宅が並ぶハウジングセンターに踏み込んでしまうと、間違えたとなかなか思いません。それはなぜでしょう?

いくつか理由があると言われていますが、中でも一番多い理由が、
『過去に家を買ったことが無いから、判断基準があいまいで選択肢も少ない』ということです。

軽自動車を買うつもりがレクサスを買おうとしてしまう・・・

これは、私達、地元の工務店の努力不足でもあるのですが、家を建てたいと思ったときに、ハウジングセンター以外が思いつかず、家づくりといえば、テレビCMで有名なところに見に行けばいいという文化が、テレビを通じて出来上がってしまっています。

そして、ハウジングセンターにいる各メーカーの営業マンの方たちは、家を売るプロですから、上手なお話を聞いているうちに、気持ちが乗ってきてしまうという図になってしまうのです。

ここでお断りしておきますが、私は大手メーカーで建てることが家づくりの失敗だとか、間違っていると言っているのではありません。
予算を考えて軽自動車を買おうと思っていたのに、来る場所を間違えてしまったが為にレクサスを買ってしまうという事が間違っているといいたいのです。
(おそらく車ではこんな間違いをされる方は、ほとんどいないはずです)

高額過ぎて金銭感覚がマヒしてしまうと・・・

大手ハウスメーカーの平均の坪単価は、88.7万円前後だと言われています。
35坪の家を建てようと考えている方だと、35坪×88.7万円=3,104万円になります。(ここに更に諸経費などが上乗せされます)
工務店の平均の坪単価はおおよそ60万円〜70万円くらいだと言われます。
先程と同じように35坪の家を建てようと考えている方だと、35坪×65万円=2,275万円になります。(60万円〜70万円の間をとって65万円)
およそ800万円くらいの差が出てきます。800万円差でも、”人生で一度の買い物だから・・・”と大手のハウスメーカーさんで無理をして買う方がいらっしゃいます。大手ハウスメーカーさんで家づくりをされても、その後の人生設計がまったく狂わないというご家族なら問題のない買い物ですが、住宅ローンを過剰に組んだり、コツコツ貯めてきた貯金を一気に使うというのは、あまり賛成できません。

なぜなら、ほとんどの方にとって、高級な家を買うことが、家づくりの目的ではないからです。家を建てる目的は、家族全員が笑顔で幸せに暮らすことであって、家を買えば自動的に幸せが付録のようについてくるわけでは無いからです。

この800万円という差額、車で例えれば、
200万円のコンパクトカーと1,000万円のベンツとで悩んでいるのと同じ差額計算なのです。
そして更に、この800万円の差額だけではなく、住宅ローンの金利が何百万円と乗ってきます。

もしも過剰なローンを組んでしまった方だったとしたら、この約1,000万円の差額が、生活を苦しめないわけがありません。

自分たち家族の家づくりの目的を考える

このような間違い、実はたった3つの事に気をつけるだけで回避することができます。その3つとは・・・

1.家族の家づくりの目的を考える

2.家族の人生設計をしっかり立てる

3.住宅ローンを正しく組む

この3つの事がとても重要です。そして、この3つは、住宅会社を考える際にも基準にできるポイントでもあります。

「家づくりとは、ご家族と住宅会社の結婚」と例えられるくらい、将来に渡ってメンテナンスやご家族の変化によるリフォームなど、お付き合いの場は絶えません。

ご家族の将来に渡って背負っていくにあたり、先程の3点に共感できない住宅会社では、一生を任せることはできないのではないかと思います。

・そのご家族が将来どんな生活を送りたいと願っているか?そのためにどんな住宅が必要なのか?を理解できる住宅会社か?

・ご家族の将来の教育資金や住宅ローンなどもしっかりと考えた上で、人生で1度きり、そして最初で最後の家づくりの予算管理をしてくれる会社なのか?

・住宅のプロであれば、ご家族にとってどんな住宅ローンが最適かを判断し提案できる知識があるか?そしてそれをわかりやすく伝える技術がある住宅会社か?

この3点は、カッコいい住宅をデザインできる技術よりも、もっともっと大切な技術ではないでしょうか?

ご家族を守る住宅会社の探し方を・・・

これから、この家づくりで間違いをしないためのポイントと、住宅会社をどうやって選んでいけばよかを、定期的にお伝えしていきます。
お楽しみに!

”はやく3つのポイントと住宅会社の選び方のすべてが知りたい!”という方は、こちらのお問い合わせからご連絡ください。しっかりとあなたの家づくりが成功に進むようお伝えしてまいります。

家づくりをもっと詳しく知りたいという方はこちら・・・