愛知県西尾市新築住宅ならイトー工務店

現場レポート

土屋 孔一tuchiya

床の断熱材!

2018年 06月 13日 (水)

こんにちは!イトー工務店の土屋です。

西尾市吉良町の新築現場で使う床の断熱材が倉庫に入荷しました。

イトー工務店では床の断熱材に保温板と言われる断熱材を使っております。

見た目は発泡スチロールにたいな板状の断熱材です。

 

バーベキューの時に、今はクーラーボックスに水と氷でジュースを冷やすと思うのですが、

昔は発泡スチロールの箱に氷と水で冷やしたように、

保温能力は発泡スチロール系のものって実はとっても高いんですよ。

そういった断熱性の高いものを床下に敷いているので、床下からの冷えに対しては

バッチリ対策が出来ています!

 

この断熱材は協力業者さんに依頼して木材の間にきちんと入る寸法でカットしてもらってあるので

パズルのように大工さんがはめ込んでいきます♬

床の下地の大引きという木材の間に断熱材をはめ込んでいくのですが、大引きの下に落っこちてしまわないように

ピンのような受け部品を取付けてからはめ込んでいくので、断熱材が下に落ちないようになっているんです!!

上棟の時の動きやすさを考えると、上棟前に1階部分は床の下地合板まで貼ってある現場が最近は多いのですが、

合板を貼ってから上棟までの数日の間に雨が降ると合板が濡れてしまうので、

イトー工務店では上棟の後に合板を貼るようにしてます!

写真では分かりづらいですが、結構な高さまで積み上がってます!

 

断熱材の施工が終わると、その上に厚みのある合板を貼って床の下地を作っていきます。

 

実際の完成したイトー工務店のお家の施工事例は『お客さま施工事例集』を、

イトー工務店のつくるおウチのコンセプトは『MamaRaku』を

それぞれ画像をクリックして御覧ください!