愛知県西尾市新築住宅ならイトー工務店

健康住宅

 

  健康と強さを両立した安心・安全住宅

「健康で安心、地震も地盤も結露もシロアリにも強い安全な住宅」とは?

【地震対策】

イトー工務店では、地震対策として、すべての建築物件に「制振装置MERシステム」を搭載しています。

 

地震対策には、「耐震」「免震」「制振」の3つがあります。

■耐震とは?

耐震とは、家が地震などの揺れが生じた際、動かないようにガチガチに固めて、頑丈な家にする対策です。主な施工内容としては、耐震パネルと呼ばれる板を建物の外周面に張って頑丈に固めるものが多くあります。また、日本には地震対策の中で、耐震に対してのみ国で定める「等級」が存在します。そのため、大手ハウスメーカーを始めほとんどの建築会社が、一番力を入れている対策が「耐震」です。

しかし、この耐震は欠点が存在するのです。それは、1回大きな地震がやってくると、その力が半減してしまうという点です。熊本の震災では、前震と本震という2回の大きな地震がやってきました。当時、前震には耐えたのに、本震で崩れてしまったという耐震に力を入れていた建物もあったと言われています。

また阪神大震災、東日本大震災、熊本地震を振り返ってみると、震度3以上の余震が一体何回きたでしょうか。そのたびに、耐震性能が弱った住宅にどんどんダメージは蓄積されてくのです。

 

■免震とは?

免震とは、様々な器具を住宅の床下等に設置して、大きな揺れを感知したら住宅を地盤から切り離すことで住宅を揺れから逃がす働きのある地震対策です。内容としては主に、ゴム系の装置をいれることが多いと言われています。

地震に対してかなり効果的ではあるのですが、装置の規模や搬入の関係上、また、地盤と建物を切り離すことから、地震がおさまった時に元通りの位置に戻ってくれるのかという保証が無いため、建物周辺を何も無い空き地状態にしておかなければならないということもあり、立地条件を選ぶことから、設置自体が難しいと言われてしまう地域もあります。また、ゴム系の部品は消耗品であり、耐用年数がきたら交換しなければなりません。設置自体に莫大なコストがかかる上、定期的にメンテナンスをしなければならないコストも考えると、莫大な費用がかかります。

 

■制振とは?

制振とは、地震の揺れを運動エネルギーととらえ、建物に設置した装置に揺れのエネルギーを吸収させて揺れの大きさ、エネルギーを小さくする対策です。構造体へのダメージも蓄積されることが無く、装置自体にもダメージが蓄積されないので、繰り返しくる地震に対して有効となります。ゴム系の地震の揺れを摩擦エネルギーに変換する制振や、オイル系のダンパーでエネルギーを吸収するものまで、現在は幅広く展開されてきている。ただ、揺れのエネルギーを吸収するといことから、地震が来た時に「揺れない」ということはなく、あくまで揺れる。しかし、「揺れるけれど、かなり小さな揺れに変わる」ことから、今後の地震対策として、注目を集めています。

 

イトー工務店は、この「耐震」「免震」「制振」のうちで、「制振」器具に最も注目をしています。東日本大震災や、熊本の大地震の時に共通するのが、地震の後、何度も何度も余震がやってくるということです。また、熊本の大地震では、本震前の前震もかなりの大きさの地震だったため、前震で耐えた家でも、本震では耐えることができなかった建物もたくさんありました。また、この地震では、耐震の対策がしてあった建物も、本震で壊れてしまい住めなくなってしまったものが多くありました。

 

 

このような事例を踏まえて、当社では耐震にだけ力をいれるだけでは、本当の地震対策ではないと思っています。そこで、HKSの制振装置「MERシステム」を設置することとしたのです。

MERシステムの5つの特徴

①エネルギーの吸収に優れ、初期制動から制振効果を発揮します!
②限界体力計算による数値的効果が確認できます!
③耐用年数60年でメンテナンスが全く必要ありません。
④20年の製品保証がつき、オイルダンパーの生命線であるオイルシールには特殊素材を使用!
⑤風振動や交通振動にまで効果を発揮!

 

もともと、このオイルダンパーは自動車のショックアブソーバーを制作しているHKSが、自社の持つ技術を戸建住宅に応用していることから、様々な揺れのエネルギーを吸収することができるため、地震が来た時はもちろん、地震のきていない日常の生活振動にも効果を発揮することで注目を浴びているのです。いつくるかわからない、何回くるかもわからない地震だからこそ、MERシステムのような制振器具が必要になってくるのではないでしょうか。

  

 

 

 

【地盤対策】

 

イトー工務店では、全棟地盤調査を実施します。その調査結果で「軟弱地盤」と認められた場合は地盤改良が必要となるのですが、西三河地方では、「砂質」の「軟弱地盤」の割合がかなり占めます。砂質ということは、液状化現象を注意しなければなりません。東日本大震災で報道されたテレビの映像は私たちにかなりの衝撃を与えました。いくら建物が地震に対して頑丈でも、地盤が弱く、しかも液状化してしまっては、その後も住み続けられるかどうかもわかりません。「砂質」の「軟弱地盤」の場合は、液状化現象の対策として、「砕石パイル工法」を当社では採用しています。

 

 

砕石パイル工法とは、地面の中に砕石に圧力を加えた柱を何本もつくり「地盤沈下に強い地面」とともに、「水の逃げ場となる場所」をつくります。そうすることで、通常は不同沈下(地盤沈下)を防ぎ、地震がきた時には、液状化現象を防ぐ働きをしてくれます。地震の対策は、建物と地盤の両方に行うことが大切です。

 

そして、砕石パイル工法で地盤を補強することで、地盤10年保証を得ることができるため、10年間の間に万が一不同沈下が起こったときにも、この保証を使って建物を水平状態まで戻すことができます。

 

 

 

③壁体内結露防止対策

あなたは「壁体内結露」をご存知でしょうか?

 

結露と聞くと、冬場温かい部屋の窓ガラスに水滴がつくのを想像されることと思います。結露で窓ガラスがびしょびしょになり、カーテンに水滴が付着し、カビが生え空気を汚したり、窓際の床が劣化して剥がれてしまったという体験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

 

壁体内結露とは、窓ガラスで起こる結露よりも危険で生活を脅かしかねないものなのです。壁体内結露とは、壁の中の温度の差から壁の中で結露を起こし、結露した水滴は壁の中の柱や、柱を伝って土台などを濡らし、カビが生えたり、ひどい場合は土台などの木材を腐らせてしまうということもあります。そして、カビなどの不健康な物質が空気に混ざって室内に侵入することで、喘息やアレルギーを引き起こすこともあるのです。

 

イトー工務店の断熱仕様「CW断熱の目的」

 

CW断熱が開発された背景には、壁の中で結露しないための良い対策はないか?という考えからはじまりました。日本で建てられる住宅の70%以上で使用されているグラスウールという断熱材で断熱する方法では、壁体内結露を防止することはかなり難しいのです。CW断熱では、防水アルミシートと、硬質ウレタン吹付け断熱材を使い、100%壁体内結露を防止して壁の中を健康に保つことができます。

【ヒノキの構造材】

イトー工務店では、主要な柱部分、土台や梁、筋交いや間柱類にも、集成材ではなく自然素材を使います。

その理由① ~森林浴~

構造材に自然素材を使った住宅からは、自然素材自らが発する香りに森林浴効果の得られる「フィトンチッド」という成分が分泌され、家の中に居ながら、まるで森林浴をしているような感覚を得ることができます。また、もともとこのヒノキなどの自然素材が発する気持ちの良い香りは、実は害虫類が嫌う香りであり、これは生きている木が自分自信を守るために発しているとも言われています。

その理由② ~シロアリ対策~

通し柱、柱、筋交い、間柱、土台までを自然素材の「ヒノキ」にして、基礎には「ベタ基礎工法」を採用し、基礎と土台の通気部分等に特定のメーカーの部材で施工することで、シロアリの消毒をすることなくシロアリに対する保証が受けられます。集成材や、害虫を避ける香りを発しない木を使用する場合は、シロアリ消毒が住宅には必須となります。私たちは、この少しでも消毒などの成分が住宅にとどまらないように、消毒が必要無い自然素材と基礎と通気でシロアリの保証を得ます。