愛知県西尾市新築住宅ならイトー工務店

パッシブデザインの快適な住み心地

パッシブデザインとは?

パッシブデザインとは、エアコン等の機械に頼りきることなく、太陽の光や風といった「自然エネルギー」を利用して、快適な住まいづくりをしようとする建築設計の手法です。ここ最近、日本でもパッシブデザインが見直され、多くの住宅会社が取り入れるようになってきました。これからの家づくりのスタンダードになるかもしれません。まだまだ一部の住宅会社しかパッシブデザインの住宅設計をすることができませんが、会社選びの1つの選択肢として検討してみましょう。

 

光と風と住宅性能を融合するデザイン

 

>>>太陽の光

「軒の深い屋根と、ベランダの軒を利用したパッシブデザイン」

夏場のきつい日差しを防ぐには、カーテンやブラインドなどを窓につけて防ぐことで効果はありますが、実は、設計段階で日差しを防ぐことができます。軒の深い屋根を設計すると、南の高い角度から差し込む夏の日差しを室内にいれないようにすることができ、反対に、冬時の低い角度から降り注ぐ太陽の光は、しっかり室内に取り入れて、陽だまりをつくりだす効果があります。また、南面にリビングを持ってくることが多い子育て設計では、日除けの庇の代わりに、ベランダをリビングの大きな窓の上部に設置することで、同じように夏の日差しを防ぎ、冬の陽だまりをつくりだすことができます。

 

passive イラスト①

>>>屋根や壁から入ってくる熱を防ぐ温熱対策

最近では、断熱性の高い素材が非常に多くなってきました。しかし、断熱材がいくら良いものだったとしても、実は夏の暑さをしのぐことはできません。断熱材とは、人間で例えるなら「ダウンジャケット」のようなものです。夏の暑い日にあなたはダウンジャケットを羽織って外出しますか?人はダウンジャケットを脱ぐことができますが、家の断熱材は季節に応じて取ったり付けたりすることは出来ません。ですから、住宅では夏は夏対策、冬は冬対策が必要になるのです。

 

CW断熱・純正アルミ遮熱シート

イラスト② イラスト③外周壁と天井にアルミの遮熱シート貼り、ほぼ100%の紫外線をカットすることで、夏場の過ごしやすさを手にすることができます。

 

>>>CW断熱の冬対策

「30倍発砲硬質吹付ウレタン断熱材」は保温効果が特に高く、冬場の温まった室内の空気をしっかりと保温する効果があります。ウレタン断熱は長年の内にボロボロと崩れてくることがありますが、それはジワジワと壁の中に入ってくる紫外線が原因。CW断熱なら外部の遮熱シートがほぼ100%の紫外線をカットしてくれるので、ウレタン断熱材がボロボロと劣化する心配がいりません。

地域にあった風の通り道と窓配置

太陽光の直射光を防ぎ、壁面や屋根からの侵入熱をやわらげても、夏場はやはり少しずつ熱は溜まっていきます。その熱を効率良く逃がしていくために、敷地に対し建物の向く方向や、風の通り道にも細やかな配慮をして設計することがパッシブデザインにとってとても重要な課題です。風向きや、風速の変化の特性は地域ごとに違うため、その地域の資料や、実際に地域に暮らしている人たちの意見を聞くことが、快適な生活の一番の解決の糸口になるのです。ただ単に、敷地に合せて住宅を設計したり、安易な窓配置では、もしかしたら熱のこもる住心地の悪い家になってしまうかもしれません。

 

窓の種類の選び方ひとつでも風の取り込み方、抜け方は変わっていきます。住まいの脇を通る風を、どういう窓を使って取り込めばよいかなど、細かく窓設計を考えれば考える程、快適な住宅を得ることができます。また風の通る特性を掴むことも重要です。「重力風」という考え方があるのをご存知でしょうか?1階の南の窓から入ってきた風は、2階の北側の窓に引っ張られて風の通り道をつくります。それを重力風と呼ぶのですが、この設計をすることで、実は2階の窓を開けておくだけで、1階の風がすーっと抜けていくようになります。

 

passive2

 

パッシブデザインについての基本的な知識をご紹介させていただきました。上記の内容は、あくまでも基本スキルであって、実際に住宅設計の段階に入っていくと、多くの注意点、留意するポイントが発生します。また、家そのものを建てる【土地】も、パッシブデザインには欠かせない要素になってきますので、これから土地を購入して家を建てようとお考えの方は、土地探しの段階から、パッシブデザインに詳しい住宅会社と一緒に探されることをお勧めいたします。

 

自然エネルギーを活用して、より快適な暮らしを送るということは、【健康】にも大きく影響します。これから家づくりを考えられる方は、ぜひパッシブデザインの家を建ててみてください。きっと、家族団欒の快適な家づくりになることをお約束いたします。