%page_title%

愛知県西尾市で木の家の注文住宅で間取りの相談ならイトー工務店

スタッフブログ

伊藤 明伊藤

温熱等級がしっかりしている会社

2018年 11月 20日 (火)

こんにちは。イトー工務店の伊藤明です。先日、東京へ出張に行ってきました。私が東京へ出張に行く際は、だいたい何かトラブルがあるのですが、今回も類にもれずトラブルがありました。

 

私、東京に出張に行く際は、だいたい幸田駅から豊橋までJRをつかって向かい、豊橋駅から新幹線ひかりに乗って東京まで行くのですが、今回はまさかのJRトラブル。幸田駅の駐車場について、なんだか違和感に気づくわけですが、なんだか電車が停まってて動かない…。

 

どうやら三河塩津駅で貨物列車と人が接触して警察の現場検証等の為、電車が停まっているということでした。え?接触した人大丈夫???という気持ちと、え〜、まじで???という気持ちが入り混じり💦

 

幸い、検証はすぐに終わってしばらくしたら動きはじめましたが、動かないって聞いた時はドキドキしました。

無事に東京について思いましたが、やっぱ東京は人混みの町だ💦人・人・人だらけで人の間を縫ってあるいているだけで疲れてしまいます。やっぱ私は根っからの田舎者ですm(__)m

 

さて、東京では今回3つのことについて勉強してきたわけですが、これを読んでいただいているこれから家づくりを考えていらっしゃる方には2つの事が結構興味をもっていただけるのではないかなぁと感じています。

1つめは、断熱性能についてです。2020年に大きく制度が変わるわけですが(延期の可能性もありますが…)それについての数値的な勉強をしてきました。C値とかQ値とか聞くと、耳をふさぎたくなる方もいるかもしれませんが、ちょっとだけご紹介です。

 

簡単に簡単に結論だけ申し上げると、断熱性能の数値が高いからといって単なる数値だけで暖かいというわけではない、でも数値が一つの指標となるのは間違いないということです。(ややこしい言い方でごめんなさい)

 

要は、数字を高く表現しようとおもったら表現するための方法があるので、それに騙されてはいけませんよ〜ということが言えるんです。でも、これから比較検討されるかたは、やはり数値での比較検討が簡単な比較の基準になるのも間違いないので、今後イトー工務店としては、しっかりと根拠も考えながら数値を表現していこうと考えています。

一応、あまり性能面についてはお客様にも多くを語っておりませんでしたが、イトー工務店では、当然のことながら2020年の温熱基準をクリアして、温熱等級4の仕様となっています。それに加えてイトー工務店の特徴の遮熱を加えた仕様です。

そんなイトー工務店の性能面に関してはコチラからごらんください♪

 

2つ目は、資金計画についてのお話しでした。全国で活躍されているライフプランナーさんが住宅取得の資金計画について語って見えましたが、これについては後日お伝えしていこうと思います。私達と同じ先生もっているのか、基本理念がイトー工務店の資金計画の考え方が同じでしたので、聞いてて頭に入ってきやすかったです。

で、帰りは東京駅で大好物のバウムクーヘンを買って帰ってきました。本当は東京駅で以前から売っていた東京ばな奈バウムブリュレを探していたのですが、どれだけ探しても見つからなかったので、今回はnenrinya銀座さんのバウムクーヘンを購入。しっかりと美味しくいただきます\(^o^)/

 

〜ここからはご案内です(^^)〜

■イトー工務店の断熱や遮熱などの温熱系の資料を読んでみたいという方はこちらへ▼▼▼

家づくり資料請求 無料|西尾市の注文住宅イトー工務店

■今、イトー工務店では平日・休日ともに無料相談を受け付けています。詳しくはこちら▼▼▼

住宅ローン無料相談イメージ

■土地を買う時に注意しなければいけないこと知ってますか?是非、勉強して失敗しない土地探しを実現してくださいね!▼▼▼

家を建てる為の土地探しイメージ

■まだまだイトー工務店の事を知らないという方、こちらから隅々までごらんください(*^^*)▼▼▼

注文住宅 会社概要イメージ

モデルハウスについてゆめのはこ