住宅ローン37|愛知県西尾市で注文住宅の金利の相談はイトー工務店

愛知県西尾市で木の家の注文住宅、理想の新築ならイトー工務店

スタッフブログ

中園良太nakazono

住宅ローン基礎知識.39

2019年 07月 05日 (金)

こんにちは!

イトー工務店の中園 良太です。

 

約1ヶ月ぶりの更新ですが

よろしくお願いします。

 

先日、お菓子のカールが

関西地区以外で買えなく

なったのを知りました。

 

いざ、変えなくなってしまうと

急に食べたくなりますよね。

 

そんな時、

ちょうど大阪に出張があったので、

お土産にカールを購入!!

 

久しぶりに食べたカールは最高でした(^^)

ちなみに「うすしお味」と「チーズ味」

を食べ比べしましたが、中園家では

うすしお味が好評でした。

 

皆さんはどっち派ですか?

また教えて下さね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、前回は返済条件の変更ケースの

1つ「返済が困難になった場合」について

解説しました。

 

今回はもう1つのケース

「金利条件の変更」について

解説していきたいと思います。

 

多くの方が、

金利条件の変更と聞けば

「借り換え」を思い浮かべますよね。

 

その名の通り、「借り換え」とは、

今までの住宅ローンを新しい

住宅ローンに借り換えることです。

 

つまり、

「借り換え」とは言うものの、

中身は新規の住宅ローンを

借りることと変わりません。

 

しかし、

「金利条件の変更」は

今借りている住宅ローンの

「金利条件」を変更することなので、

まったく中身が違います。

 

それでは、

「金利条件の変更」とは

どういうことなのでしょうか?

 

通常住宅ローンはこのような

規定になっていることが一般的です。

 

 

変動金利は、いつでも自由に

固定金利タイプに変更できるのですが、

固定特約タイプ(固定期間選択型)は、

特約期間中に別の金利タイプに

変更することは原則できません。

 

つまり、金利条件の変更というのは

できないのです。

 

「じゃあ結局できないんじゃないですか!?」

とは思わないでください。

 

これはあくまでも表向きの話なのです。

 

下表は、○○銀行の金利の比較です。

 

例えば、10年固定で比較すると、

2012年1月と2018年1月では、

基準金利は0.40%しか下がって

いないのに、貸出金利は0.70%も

下がっています。

 

つまり、

これは銀行が他の銀行に負けないために、

自分の利益を0.3%削って住宅ローンを

貸し出していることになります。

 

 

つまり、銀行としても金利条件の交渉の

余地があることになります。

 

「借り換えをされて、他の銀行に

案件を持っていかれるぐらいなら、

『金利条件の変更』に応じてでも、

溜まらせよう。どうせ新規貸出には

もっと優遇して貸しているのだから。」

となるのです。

 

実際、私のところに相談にみえた

多くのお客様は、「金利条件の変更」

に応じてもらっています。

 

そして、「借り換え」よりも、

「条件変更」の方が大きなメリットがあるんですよ!

今回はここまで、次回をお楽しみに!!

モデルハウスについてゆめのはこ