5月, 2018 | 西尾市で注文住宅、土地探し、住宅ローンのお悩み解決はイトー工務店

西尾市で注文住宅、土地探し、住宅ローンのお悩み解決はイトー工務店

スタッフブログ

水谷水谷

プレッシャー半端ないっ!

2018年 05月 28日 (月)

先日、夫の誕生でした。40歳という数字に

一週間くらい前からネガティブ発言連発で

あと何年生きれるんだろう…

死が近づいた…

おじさんやん…

ハァ~(´д`;)

バッカじゃない。ネガティブ人間は大嫌い!

ヽ(`Д´)ノというと、

うるせー41歳クソばばー。と言い返された水谷です。

 

そんな夫に誕生日当日の夕方、夫の大好きな人が

プレゼントを持って来てくれました。

 

まさかの岐阜で有名な更科の冷やしたぬきそばセットでは

ないですか(*`ロ´ノ)ノ  日中食べに行って誕生日の

夫のためにお持ち帰りをしてくれました!

昨年これを食べるためだけに岐阜に行った夫と私。

 

美味しいよ♪と、このお店を教えてくれた方だし

岐阜まで行ってのお持ち帰りのものだけに

製作段階で失敗は許されず、完成写真を送るから☆

と夫がいうものだからすごいプレッシャーの中、盛り付けは

お店の写真を見本に作成。

こちらがお店。

こちら水谷作。

5人分を4人分に盛り付け、最後アゲの配分を

間違えた結果がこれです… まあまあですよね(ノ∀`*)

麺の湯で加減もばっちりでした♪

ネガティブ40歳もこれを食べて少しは

元気がでたことでしょう(笑)

40歳なんてまだまだ若いのにねー♪

 


伊藤 明伊藤

ポッピングシャワーと住宅ローンw

2018年 05月 27日 (日)

サーティーワンアイスクリームが、以前、

 

レギュラーサイズ100円セール!

 

というのをやっていまして、

 

イオン岡崎のサーティワンにすごい行列ができていたのを見て、

 

「アイスが100円になったくらいで、ならぶもんか!」

 

と列を横目に見ていたら、

 

たまたま空いていたので思わず並んでしまい、

 

ポッピングシャワーなるアイスクリームをオーダーして、

 

100円払って、

 

食べたが最後、

 

ちょこちょこリピートしてしまい、

 

当初の100円だったアイスを経て、

 

毎回450円の美味しい味という投資をやめられません。

 

伊藤明です。

 

5月ももうすぐ終わりに近づいていますね。

 

GWから始まった5月でしたが、いかがでしたか?

 

私たちイトー工務店は、

 

網戸のイベントをしたり、お客さまと打ち合わせをたくさん頂いたりと、

 

楽しく過ごさせていただきました。

 

もうすぐ、また1件上棟させていただくことも決まっていて、

 

また笑顔たくさんの現場に会えるとウキウキしています。

 

今日は、住宅ローンで先程の100円アイスよりもお得な情報を

 

お届けします。

 

なんと!

 

JAさんで35年固定の住宅ローンが出ています!

 

素晴らしい金利の設定にもなっていて、

 

私、いろんな知識をもっていろいろと総合的に考えると、

 

絶対に住宅金融支援機構が発表しているローンより良い!

 

詳しいことはいろんな住宅ローンと比較しながらご説明できる

 

イトー工務店アドバイザーまでお問合せくださいませ♫

 

やっぱりアイスも住宅ローンも、

 

お得なものがいいですよね♫♫♫

 

もしも、そもそも住宅ローンがよくわからないなぁという方は、

 

こちらのページからお問合せください♫

 

→→→住宅ローン(資金計画)へ

 

または、イトー工務店ってどんな会社なんだろう?と疑問に思われた方は、

 

ぜひ資料請求をお願いします(*^^*)

 

 

 

 

 

またお会いしましょう\(^o^)/

 

伊藤明

 


中園良太nakazono

住宅ローン基礎知識.6

2018年 05月 24日 (木)

皆さんこんにちは。

イトー工務店の

中園 良太です

 

 

ここ最近、気温差がありすぎて体調管理が難しいですね。

この間は出勤した際に「やばい、これは風邪かも」

と思っていたら高井監督が風邪薬をくれました。

おかげで、大事に至らずに済んだ安心感と同時に

普段は怒りまくっている高井さんの優しさを感じて

ちょっと嬉しい感じです(^o^)/

 

さて、金利のお話しに入って行きましょう。

前回までに「金利タイプとは?」ということで

3つの金利のタイプのうち2つ「全期間固定金利」

「固定金利期間選択型」についてメリット、

デメリットを解説しました。

今回は「変動金利」について解説していきましょう。

 

早速ですが、固定金利の方が安全だと思い貸出件数

としては多いと思われますが、実は変動金利の方が

貸出件数は多いのです。

 

最近の調査では49.2%と、約半数の方が変動金利

で住宅ローンを組んでいます。

つまり、地域性はあるものの、世の中のメジャーは

変動金利ということですね。

 

 

しかし、この「変動金利」こそが実は一番複雑な

住宅ローンなのです。

どの辺りが複雑なのかを解説する前に、まずは

基本的なところから整理していきましょう。

 

〇変動金利のメリット

変動金利を選択する時にもっともメリットなのが

やはり金利の低さでしょう。

 

 

基本的に金融機関が取り扱っている住宅ローンで

一番金利が低いのが変動金利です。

その理由としては、金利が変動するタイミングです。

 

変動金利は4月、10月という形で毎年6か月ごと

に見直されることになります。

 

基準の金利自体は毎月変動するのですが、変動金利

住宅ローンを借りた場合に金利が見直されるのは

半年ごとになるのです。

金融機関がお客様に金利を保証する期間は半年。

 

つまり、お金を貸す側のリスクが少ないので金利を

低くできる訳です。

 

また、変動金利は、1年未満の短い資金貸借に適用

される「短期金利」に連動しているので、基本的に

「固定金利」より低くなるのです。

 

逆にデメリットと言うと、住宅ローンの中でも

もっとも金利が変わりやすいという事になります。

 

しかし、こういう話しをお客様にすると

「いや、銀行で最初の5年間は返済額は変わらない。と聞きました。」

「しかも、5年後に金利が上昇していたとしても、返済額は最高で1.25倍

までしか上がらないと聞いています。」

という返事が返ってきます。

 

そうなんです。その通りなんです!

ここが変動金利を難しく、ややこしくしている

ところなんです。

 

そこで、こんな「5年ルールと1.25倍ルール」

というものがあります。

次回はこの続きをお話ししたいと思います。


水谷水谷

たこパ☆

2018年 05月 21日 (月)

まだまだGWネタをひっぱりますよ(笑)

前夜祭ホルモン、休日初日名古屋へ上京。

4日、5日は最近会えていなかった友達ファミリーが

昼、夜と遊びに来てくれましたヽ(´ー`)ノ

4日は小さいかわいこちゃん達がいるのでお昼に

たこパしました♪ たこパ?とはなんぞや??

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが

たこ焼きパーティの略ですってー

最近の高校生はたこパしたり鍋パをするそうで

たこパ慣れした息子がかわいこちゃん達のために

作ってくれました♪ そんな幼いお嬢2人はまだタコが

食べれないということでママが魚肉ソーセージを

タコの代わりにしてます。とのこと。

(〃艸〃) ちょーかわいいし♡

水谷家、数年ぶりに魚肉ソーセージ買いました(笑)

この2人の熱いまなざしがたまらなくかわいい( ;∀;)

普段忙しくしている水谷家に定期的に

遊びに来てくれるお友達がたくさんいてくれて

幸せを感じます(‘∀`)

翌日の夜とのファミリーとは飲みまくりで撮り忘れて写真ゼロです…

記憶もゼロです…

最終日の日曜日はいつのまにかぐちゃぐちゃに

収納されたパントリーを片付けて私のGW終了~

そんなお休みを過ごせたからこそお盆までお仕事

がんばれますっ!

 

最近のおつまみ。というかおやつ?

この時期ならではのスナップえんどう。

永遠に食べ続けれる気がします(。-∀-。)

大好きうまうまです♪

 

 

 

 


中園良太nakazono

住宅ローン基礎知識.5

2018年 05月 17日 (木)

皆さんこんにちは。

イトー工務店の

中園 良太です

 

 

最近、夏のような暑さが続きますが、体調はいかが

ですか?

今の時点で、これだけ気温が高いと思うと夏に耐え

られるか不安になります。

今から体力づくりをしないといけないですね。

 

さて前回「固定金利期間選択型」のメリットに

ついてお話しをしました。

今回は固定金利期間選択型のデメリットの解説を

していきますね。

 

◆固定金利期間選択型のデメリット

①選択期間が終了すると金利が変動する

固定金利期間選択型のデメリットは、固定金利

終了後の金利が変動することです。

 

もちろん一概には言えませんが、ほとんどの場合

には当初の固定金利よりもその後の金利は上がる

と考えておくべきであり、さらにこの時の金利は

変動金利型や全期間固定金利型より高くなる

ことがあります。

最初にうまみを得られた分、その後の返済が

きつくなる可能性があるのです。

 

②優遇金利の制度が複雑

固定金利期間選択型の金利は

「店頭(表示)金利-優遇金利」

という数式で算出されます。

店頭金利

(3.25%)-優遇金利(2.2%)=1.05%

となっている訳です。

 

そして、この優遇金利が少し複雑です。

大きく分けてパターンは2つ

「段階引き下げタイプ」

「一律引き下げタイプ」です。

「段階優遇金利」は最初に優遇できる金利が

大きく選択期間が終了後に小さくなるタイプです。

 

 

この例だと、最初は▲2.2%ですが選択期間が

終了すると

▲1.4%になってしまいます。

「一律引き下げタイプ」は

借入期間の全期間一律で引き下げられます。

 

つまり

▲1.7%がずーっと店頭金利から引き下げられる

という事になります。

 

 

例えば同じ10年固定の住宅ローンの場合店頭金利

は当然同じです。

 

たとえばの場合では、3.25%ですね。

でも、優遇金利のパターンが2つあるので

「段階引き下げタイプ」を選択すると

1.05%になり

「一律引き下げタイプ」を選択すると

1.55%になるという事です。

 

そうすると、多くの人は1.05%の方が魅力的

に映りますよね。

それで「段階引き下げタイプ」を選ぶと先ほどの

デメリット①のような問題が起こります。

 

しかし、この場合10年の選択期間が終了すると

「段階引き下げタイプ」の方は

1.4%の優遇に引き下がり

「一律引き下げタイプ」の方は

1.7%のままですから、10年後は金利が絶対逆転

することになります。

 

つまり、返済期間が長期間になった場合最終的には

「一律引き下げタイプ」の方が総返済金額が小さく

なる事があるのです。

 

逆に、返済期間が短期間だった場合は

「段階引き下げタイプ」の方が有利です。

 

とても商品選びが難しい。これが最大のデメリット

でしょう。

 

今回はここまでにしておきましょう。

次回は「変動金利」の解説と、各パターンの金利の

金利決定メカニズムについてお話ししましょう!


モデルハウスについてゆめのはこ