現場日記

愛知県西尾市で木の家の注文住宅で間取りの相談ならイトー工務店

現場日記

伊藤 明伊藤

西尾市羽塚町の地盤改良

2018年 12月 13日 (木)

こんにちは!伊藤明です。

先日、年に1回の健康診断に行ってきました。もうすぐ厄年ってこともあるので、体も意識的に注意していかないと知らない間に手遅れに…なんてことになってしまうなぁと思って必ずいくようにしています。本当は注射が大嫌いなので、行きたくないのですが。

そしたら、身長が0.5センチ伸びていて、体重が減っていました 。珍しくポジティブな気分で終えることができたなぁと思っています。

新築 代表 イメージ

さて、今日も現場の様子をお送りしていきます。

西尾市羽塚町の新築の現場では、先日、地盤改良が終わりました。今回の現場の敷地は、地盤調査の結果をみると地盤改良工事が必要だという判定結果でした。その判定結果の中で、地盤の解析をしてもらい必要な支える力を確保するのに必要な工事を行ってあります。

西尾市 新築 地盤改良

こうやって見ると、どこが工事してあるかわからないと思うので、もう少しアングルを変えて…

西尾市 新築 柱状改良

この1つ1つの円が改良した部分です。この工法を地盤改良の中でも、湿式柱状改良という工法を採用して行いました。湿式柱状改良というのは、建物の基礎や柱の位置を計算して、負荷のかかる部分に対して強度を保てるように地面の中に柱をつくっていくというイメージの工法です。

柱の作り方は、セメントと地面の土を専用のドリルのような機械で混ぜ合わせながらつくりあげていきます。直径は現場によって違いますが、40センチから60センチ、地盤の力がすごく弱いところになると、80センチという大きさになります。

 

地盤改良の工法は、いろんな工法がありますが、一番大切なのは、新築でかかる地盤改良の部分の予算と、それによって作り出せる強さのバランスだと思います。すごく強い地盤をつくろうと思えば、例えば空港の地盤などにつかってある工法のサンドコンパクションパイル工法なんていうのがあるのですが、まぁ、空港をつくるのに使うくらいなので、強さは想像していただけたらと思いますが、とにかく費用面が凄まじい…。他にも、新築の建物の下にくる地盤部分の土を、全て砕石に変えて特殊ネットでつつむと言われているジオグリッド工法なんていうのも聞いたことがありますが、こちらもまた費用がとんでもない…。

 

でも、地盤がとにかく強いほうがいいんじゃないの???と思われるとおもうのですが、地盤にお金をかけすぎて月々のランニングコストが高くなってしまう性能の低い新築の住宅や、必要な部屋数が確保できない新築の建物ができてしまう事も問題だと思うのです。

ではどこで判断をするのか?それが冒頭に出てきた、新築工事で一番最初に行う地盤調査の結果と、それを解析にまわした時にでてきた結果です。この結果と解析で判定された地盤改良を行うことで、第三者保険機関が「この地盤改良を行うことで地盤の強さをしっかり保証しますよ」という”地盤保証”を受けられるのであれば、その判定結果で出てきた地盤改良を行うことでOKだといえます。

西尾市 地盤 新築

大切なのは、強さと予算のバランスです。毎日を楽しく暮らしていただきたいからこそ、バランスをどこで保つのかをしっかりと考えています。

 

あ、そうそう!一つだけ地盤で覚えておいていただきたいことがあります。

 

それは、地盤調査の会社が地盤の解析までしないことです。地盤の解析と保証は、それ専門の業者や機関に依頼することが大切です。

例えばこんな話を聞いたことがあります。

 

あるハウスメーカーさんが、自社で地盤調査を行ってみると、数字上では地盤改良が必要になる結果でした。でも、お客様の予算が厳しいことをスタッフが知っていたため、改良が必要な結果だとしても、”改良が必要ない”という判定を出して、お客様の予算の範囲内で家づくりをしたということがあったそうです。

お客様からしたら新築の工事を予算通りで行えて嬉しいはずです。しかし、これを聞いてあなたはどう感じるでしょうか?最近では、関東の方でもマンションの数字のごまかしや免震装置の性能の偽りなどがニュースでも言われています。

 

予算も大切ですが、いちばん大切なのはお客様の生活の安心安全です。

 

ですので、これから新築したい!そう思っている方がいらっしゃるとしたら、難しいことは覚えていなくても大丈夫ですので、一つだけ覚えておいて下さい。地盤調査と地盤の解析や保証をしてくれる会社が一緒のハウスメーカーさんや工務店さんを選ばれる際は「地盤の解析は第三者機関でお願いします」と言うことが大切です。

 

さて、羽塚の現場もこれから順番にすすんでいきますので、こちらで随時お知らせしていきます。楽しみにしていてください。

▶▶イトー工務店の施工事例はこちらからご覧ください◀◀

▶▶イトー工務店の他の現場日記を読むならこちらへ◀◀

▶▶イトー工務店のホームへ戻るならこちらへ◀◀

 

 

ここからは今月のイトー工務店のイベントのご案内です!

■不動産屋さんが絶対にお客様に教えたくない土地探しのマル秘テクニック勉強会!

これが12月23日(日)14:00〜15:30までイトー工務店で開催します。

土地探しから家づくりを始められる方は、絶対に聞いておいたほうが良い!と、受けられた方の好評率100%の勉強会です。▶▶土地探しのマル秘テクニック勉強会のお申込みはコチラから◀◀

〜ここからはお知らせです!〜

 

 

■今、イトー工務店では平日・休日ともに無料相談を受け付けています。詳しくはこちら▼▼▼

住宅ローン無料相談イメージ

■土地を買う時に注意しなければいけないこと知ってますか?是非、勉強して失敗しない土地探しを実現してくださいね!▼▼▼

家を建てる為の土地探しイメージ

■まだまだイトー工務店の事を知らないという方、こちらから隅々までごらんください(*^^*)▼▼▼

新築 会社概要イメージ

■イトー工務店の資料を読んでみたいという方はこちらへ▼▼▼

新築の家づくり資料請求 無料 イメージ

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!!

 


伊藤 明伊藤

西尾市の基礎工事

2018年 12月 11日 (火)

こんにちは!伊藤明です。

先日、インターネット経由でWimaxの機種変更を依頼したら、後日電話で「受付できません」と言われてショックを受けています。エディオンさんで申し込んだWimaxは、エディオンさんじゃないと手続きできないことを今更知りました💦やっぱり店頭で相談すれば良かったんだなと、すべてをネットで終わらせるのは逆に手間がかかってしまうこともあることをしました。

新築 代表 イメージ

さて、今日は、西尾市矢田町での新築の現場の進行状況をお送りしたいと思います。前回の現場の状態は、基礎工事に着工して、コンクリートを流すための型枠を組んでいるところでした。覚えていらっしゃいますか?

西尾市 新築 基礎工事 

今回までの間に基礎のコンクリートを流す為の型枠が完成して、鉄筋を組み付ける作業を終えて、ベースコンクリートという基礎全体にコンクリートを流すという工事が終わりました。ベースコンクリートを全体に流して行う基礎工事を”ベタ基礎”と呼ばれていて、家の基礎全体に太い鉄筋と、コンクリートが広がるので、頑丈な基礎が出来上がります。

鉄筋とコンクリートは相性が良いので、鉄筋が組んであるところにコンクリートを流すと、コンクリートが鉄筋にくっついて、そう簡単に割れないコンクリート基礎ができあがるというわけです。よく「新築の現場を見ると、コンクリートを流す前に鉄筋が格子状にならんでいるのを見るんだけど、なんで?」というご質問をいただくのですが、丈夫な基礎をつくるための工夫ですし、今では新築で住宅を建てさせていただく際には、建築基準法で基礎工事の際は、どれくらいの太さの鉄筋で格子をつくらなければならないのかも決められています。

西尾市 新築 基礎型枠

木の型枠の下にグレーの部分が多く広がってると思いますが、これが1回目に流したコンクリートで、ベタ基礎という基礎の工法となります。そのベタ基礎のコンクリートの上に、今この写真で写っている型枠を作って、コンクリートをこの型枠の中に流していく作業となります。このベタ基礎の上の基礎を”布基礎”と言います。

新築工事は、地盤や基礎がとっても重要です。この基礎の出来栄えで新築の住宅の出来栄えが変わるといえます。また、この基礎の中に配筋してある鉄筋をキレイにならべて組み付けても、見えないところだからと手を抜いても、誰にもわかりません。でも、こういう見えないところで、どれだけ丁寧に仕事をするかが、新築に対する会社の姿勢であり、イトー工務店では「誰が突然見に来ても大丈夫な現場づくり」とさせていただいています。

西尾市 新築 基礎の職人西尾市 新築 鉄筋配筋

この布基礎の型枠の中に鉄筋が入っているのが見えるでしょうか?この鉄筋も型枠の中央に来るように基礎の職人さんがしっかりと計算しながら並べていくんです。これが、私が昔から本当に素晴らしい精度だなぁと思うのですが、材木屋さんで材木はプレカットといって製材を既にされてくるのですが、それとは別で、基礎は基礎職人さんの手作業で現場で行われて、上棟の日には、うまくこの材木と基礎の寸法や角度がすべて噛み合って家の形をつくるわけで…って、すみません💦興奮してしまって何を言っているかわかりづらいですよねm(__)m

ちなみに型枠の外周面に材木などが斜めに打ち込んであると思うのですが、これがコンクリートの圧力で型枠が膨れたり壊れたりしないための”カイモノ”です。どれだけキレイに型枠が組んであったとしても、このカイモノがしっかりとしてないと、基礎が地面に対して垂直にできていなかったり、波打ってしまうことになってしまいます。

次回は、基礎を流したあとの現場の様子をご覧いただこうと思います。

 

ではまた次回の現場日記で!

▶▶イトー工務店の施工事例はこちらからご覧ください◀◀

▶▶イトー工務店の他の現場日記を読むならこちらへ◀◀

▶▶イトー工務店のホームへ戻るならこちらへ◀◀

 

さて、いつものようにイベントのお知らせです(^^)

ここからは今月のイトー工務店のイベントのご案内です!

■不動産屋さんが絶対にお客様に教えたくない土地探しのマル秘テクニック勉強会!

これが12月23日(日)14:00〜15:30までイトー工務店で開催します。

土地探しから家づくりを始められる方は、絶対に聞いておいたほうが良い!と、受けられた方の好評率100%の勉強会です。▶▶土地探しのマル秘テクニック勉強会のお申込みはコチラから◀◀

 

〜ここからはお知らせです!〜

■今、イトー工務店では平日・休日ともに無料相談を受け付けています。詳しくはこちら▼▼▼

住宅ローン無料相談イメージ

■土地を買う時に注意しなければいけないこと知ってますか?是非、勉強して失敗しない土地探しを実現してくださいね!▼▼▼

家を建てる為の土地探しイメージ

■まだまだイトー工務店の事を知らないという方、こちらから隅々までごらんください(*^^*)▼▼▼

新築 会社概要イメージ

■イトー工務店の資料を読んでみたいという方はこちらへ▼▼▼

新築の家づくり資料請求 無料 イメージ

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!!


伊藤 明伊藤

西尾市 新築の着工前の様子

2018年 12月 05日 (水)

こんにちは!私、ポケットwifiルーター(呼び方古いですか???)をつい最近振り返ってみたら、4年も使っていて、びっくりしました^^;思わず機種変の手続きをネットでしてしまったのですが、今更になって店頭で受け付けてもらえばよかったかなぁと不安になっています。やっぱ人と人とが顔を合せて、というのが大切ですね。ドキドキしています。

新築 代表 イメージ

さて、先日、西尾市の羽塚町で地鎮祭を行った現場が、いよいよ着工していくので、今日はその新築の着工前の様子を見ていただきましょう!

新築の着工前 イメージ

こんな感じでまだまだ殺風景な感じは否めません。ここからこの土地に新築の工事を時間をかけて行うことで家ができあがっていくわけですから。ん?でも写真の左の方に、何か木の壁のような物が見えます。これは何でしょうか?

新築の近隣の養生 イメージ

これは、お隣の敷地のフェンスを絶対に傷をつけるわけにはいかないので、こうやってベニア板と、その裏にスポンジで保護をさせていただきました。こういう保護する作業などを”養生(ようじょう)”と呼びます。これをやるのには手間がかかるわけですが、もしも、工事中に何かがあたって傷がついたとした時には「あ〜、もうひと手間かけて養生しておいたらよかったのになぁ・・・」と思っていまうでしょう。そういったあとから後悔することの無いように、こういった養生を新築の際にはさせていただく現場もあります。

新築 入り口の養生 イメージ

こちら側のフェンスにも養生をします。

新築をしている最中の傷は、お施主様には全く関係がないのに、住み始めてからの人間関係にはもしかしたら響いてしまうかもしれない、「新しくきたアノ家族、どういう建築会社に依頼しているんだ。」なんていうふうに思われてしまっては、我々の責任でお客様の新築の想いをぶち壊してしまうことにも繋がりかねません。ですから、私達は、おウチの工事もしっかりとやりますが、それ以上にといっても良いくらいに近隣の方へご迷惑をかけないように努めいています。とても新築で大事なことだと思っています。

(特に、今回のケースは、フェンスと新築の建物が若干近いということもあって、養生させていただいているので、現場によってはここまでしないというところもあります。現場によって臨機応変に監督が考えていきます)

 

新築 道路の養生 イメージ

また、今回の養生ではひときわしっかりさせていただいたのが、道路です。私達イトー工務店は、新築の時の道路を傷めたり、側溝を傷めてしまうことをとても重要視しているので、車が通るところにはゴム板や鉄板板を敷くようにして、車両が道路を直接傷めることの無いように考えて工事をしていきます。

すべては、完成した時のお客様と近隣の方との人間関係のため、そこが目的なのです。

 

ではまた次回の現場日記で!

▶▶イトー工務店の施工事例はこちらからご覧ください◀◀

▶▶イトー工務店の他の現場日記を読むならこちらへ◀◀

▶▶イトー工務店のホームへ戻るならこちらへ◀◀

 

ここからは今月のイトー工務店のイベントのご案内です!

■不動産屋さんが絶対にお客様に教えたくない土地探しのマル秘テクニック勉強会!

これが12月23日(日)14:00〜15:30までイトー工務店で開催します。

土地探しから家づくりを始められる方は、絶対に聞いておいたほうが良い!と、受けられた方の好評率100%の勉強会です。▶▶土地探しのマル秘テクニック勉強会のお申込みはコチラから◀◀

 

〜ここからはお知らせです!〜

■今、イトー工務店では平日・休日ともに無料相談を受け付けています。詳しくはこちら▼▼▼

住宅ローン無料相談イメージ

■土地を買う時に注意しなければいけないこと知ってますか?是非、勉強して失敗しない土地探しを実現してくださいね!▼▼▼

家を建てる為の土地探しイメージ

■まだまだイトー工務店の事を知らないという方、こちらから隅々までごらんください(*^^*)▼▼▼

新築 会社概要イメージ

■イトー工務店の資料を読んでみたいという方はこちらへ▼▼▼

新築の家づくり資料請求 無料 イメージ

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!!


伊藤 明伊藤

西尾市の新築の現場 基礎工事

2018年 12月 04日 (火)

みなさんこんにちは。12月だというのに本当に温かい毎日がつづいて、季節の感覚がずれてしまいますよね。今月末にはクリスマスや大晦日もあって、本来なら寒い寒いと震えていた時期ではなかったかなぁ?とおもうのですが、実際はこういう気温のほうが、いろんな作業の効率は上がるので、個人的には嬉しいです。

ではでは、おまたせしました!今週も現場日記で新築の現場の様子をお伝えしていこうと思います。

新築のブログ イメージ

先日、西尾市の新築に着工した現場では、地盤改良も前回までに終わっていて、今は基礎工事に取り掛かっています。スポーツでも書道なども、常に言われるのは「基礎が大事」という言葉です。それは住宅も同じです。住宅も、新築の時に、どんなに設備仕様が良くても、基礎が悪かったら長持ちしませんし、災害の時には安全から遠く離れてしまうことになってしまいます。なので、イトー工務店でもやはり、新築工事で一番最初にやってくる基礎は大事だと思っています。

では現場を見ていってみましょう。

新築の現場 遠目のイメージ

こんな感じで、今は基礎のコンクリートの型枠をつくる作業をしています。新築工事で、基礎のコンクリートを流す為の型枠を基礎の職人さんが丁寧に寸法を計りながらはめていきます。この基礎の型枠も、木製の型枠と鋼製の型枠と2種類あります。今回は木製の型枠をつかって基礎の工事を行っていますが、住宅の基礎ではどちらの型枠も対応できるので、結局は腕前が最も大切になってきます。

 

新築の基礎 型枠 イメージ

現場正面から見た写真です。型枠が隙間なくつくられているのがみえると思います。当然のことですが、基礎の型枠に隙間なんてあったものなら、コンクリートを勢いよく流した時に、そこからコンクリートが流れ出てしまいます。また、型枠がしっかりと固定されていないと、コンクリートを流した時に、コンクリートの重みと流した圧力から、型枠が膨らんでしまったり、型枠が斜めに傾いてしまって、基礎自体が斜めに出来上がってしまったり、ひどい場合は、型枠がコンクリートの圧力で壊れて流れ出てしまうということもあるそうです。

 

イトー工務店では、新築の工事で実際にそういった被害がなかったので、想像の中ででしか私もわからないのですが、この基礎工事を軽んじている建築会社さんだと、そういったとんでもなん被害がでてきてしまうと言われています。

 

では、なぜイトー工務店の新築の現場ではそういった被害が出ないのか?どうやってなくすための注意をしているのか?というところがポイントだと思うのですが、イトー工務店では監督の高井と伊藤武が、現場管理の際、職人が行った仕事を細かくチェックしています。型枠を実際に手で押したり少し力を加えてみたりと、固定が甘くないかをチェックするんですね。

新築の監督高井 イメージ 新築 監督伊藤武 イメージ

そこで固定があまかったらやり直しを命じるのですが、職人さんも当然そんな甘い仕事をしないですし、しっかりとイトー工務店はチェックする元請けだと職人さんが理解しているので、一発OKとなるわけです。

新築の型枠設置 イメージ

こんな感じで職人さんがしっかりと固定をしています。

 

また基礎の中にビニールシートのようなものが敷いてあるのが見えるでしょうか?これは防湿シートといって、地中の湿気を基礎のコンクリートに伝わらないようにするために敷いてあります。これがないと、実際に完成したあとのおウチの床下がなんだかジメジメっとしていたり、ひどい時は水がはってしまってシロアリの大好きな環境をつくりあげてしまうこともあるのです。それはそのまま家の劣化に直結してくることなので、このシートの役割は大きいです。

 

こういった新築の工事では一つ一つの作業を、工程を抜かずに職人が行い、監督が細かくチェックするというのがイトー工務店の現場のクオリティにつながってくるわけです。

新築 基礎工事 イメージ

この型枠の作業が終わるといよいよ、基礎のコンクリートを流し込む作業となります。新築の工事では、コンクリートを使った作業は、そうそうやりなおしがきくものではないので、流す前に慎重にチェックをしなければなりません。緊張します!

 

ではまた次回の現場日記で!

▶▶イトー工務店の施工事例はこちらからご覧ください◀◀

▶▶イトー工務店の他の現場日記を読むならこちらへ◀◀

▶▶イトー工務店のホームへ戻るならこちらへ◀◀

 

 

ここからは今月のイトー工務店のイベントのご案内です!

■不動産屋さんが絶対にお客様に教えたくない土地探しのマル秘テクニック勉強会!

これが12月23日(日)14:00〜15:30までイトー工務店で開催します。

土地探しから家づくりを始められる方は、絶対に聞いておいたほうが良い!と、受けられた方の好評率100%の勉強会です。▶▶土地探しのマル秘テクニック勉強会のお申込みはコチラから◀◀

 

〜ここからはお知らせです!〜

■今、イトー工務店では平日・休日ともに無料相談を受け付けています。詳しくはこちら▼▼▼

住宅ローン無料相談イメージ

■土地を買う時に注意しなければいけないこと知ってますか?是非、勉強して失敗しない土地探しを実現してくださいね!▼▼▼

家を建てる為の土地探しイメージ

■まだまだイトー工務店の事を知らないという方、こちらから隅々までごらんください(*^^*)▼▼▼

新築 会社概要イメージ

■イトー工務店の資料を読んでみたいという方はこちらへ▼▼▼

新築の家づくり資料請求 無料 イメージ

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!!


伊藤 明伊藤

11月30日〜地盤改良〜

2018年 11月 30日 (金)

イトー工務店 代表イメージ

こんにちは!風邪をひきました!前回気をつけないとと言っておきながら・・・。みなさんも本当に気をつけてくださいね。明日は土曜日で、お客様との打合せもあるのでしっかりと明日までには治さねば!

 

さて、今日も西尾市の新築の現場の進行状況を紹介していきますね。前回まで擁壁の工事や水道メーターなどの設備の準備をお伝えしていたと思いますが、いよいよ新築の工事が徐々に進みはじめました。

新築の敷地イメージ

擁壁もキレイにできあがって、敷地の中に土も入り、畑と新築の土地の高低差がわかるようになってきました。今日は、敷地の真ん中あたりの凸凹なっているところのお話しです。

新築の地盤改良イメージ

敷地の真ん中あたりに建物を新築するのですが、丸いデコボコなっているのがわかりますか?これは、地盤改良のあとです。建物の基礎の位置の下に何十ヶ所もセメントの柱をつくる湿式柱状改良という地盤改良をしました。

この土地は、もともと低いところを埋め立てをして家をたてるので、その地盤が丈夫かといえば、もともとこの高さで何十年も経過した土地と比べたら弱いと思います。そういった土地に新築する際は、地盤改良を行って地盤を強化します。

この地盤改良というのは、家が新築したあとに、家そのものの重さで地盤沈下をしていかないように、しっかりと足元を固める為の工事です。これをしておかないと、地盤沈下してしまい、家が傾く原因となってしまうのです。新築した家が斜めになっては大変ということで、昔はこういった地盤改良の義務的なことはなかったのですが、現在では、瑕疵保険の手続き等の為に地盤沈下が起こらない土地としての基準を満たしているかどうかを調査されます。

 

新築の地盤改良詳細イメージ

ここでイトー工務店の取り組みも触れておきますと、イトー工務店では新築の時に地盤調査を必ずするわけですが、調査をした会社が地盤改良の判定を出すのではりません。もし調査をした会社が地盤改良の判定をするようだったら、好き勝手に判定がだせてしまい、本来必要の無い地盤にも改良の判定を出す事が可能になってしまいます。

逆に、本来地盤改良が必要なのに、不必要という判定をつくりあげてしまっては、新築して入居後に家が傾く不安と隣り合わせになっているということなのです。

それではお客様にとって不利益になってしまうので、調査をした会社から、第三者機関の判定専門の会社に地盤の判定をしてもらい、地盤改良が必要か、不必要かを判定することになっています。

 

新築する時に自社の中で、地盤調査→地盤判定→地盤改良の見積、となってしまうことを避けるようにしています。(逆に一緒にしている会社さんがあれば注意が必要)昨今の地盤に対して多くの地盤の内部での数字の書き換えなど、建築業界に対しての不信感が募る中、イトー工務店ではそんな不安をお客様から払拭していただくために第三者機関を利用しています。

 

さて、これから地盤改良も終わって新築の工事が徐々に進んでいきます。楽しみにしていて下さい!

 

▶▶イトー工務店の施工事例はこちらからご覧ください◀◀

▶▶イトー工務店の他の現場日記を読むならこちらへ◀◀

▶▶イトー工務店のホームへ戻るならこちらへ◀◀

 

〜ここからはお知らせです!〜

■今、イトー工務店では平日・休日ともに無料相談を受け付けています。詳しくはこちら▼▼▼

住宅ローン無料相談イメージ

■土地を買う時に注意しなければいけないこと知ってますか?是非、勉強して失敗しない土地探しを実現してくださいね!▼▼▼

家を建てる為の土地探しイメージ

■まだまだイトー工務店の事を知らないという方、こちらから隅々までごらんください(*^^*)▼▼▼

注文住宅 会社概要イメージ

■イトー工務店の資料を読んでみたいという方はこちらへ▼▼▼

家づくり資料請求 無料|西尾市の注文住宅イトー工務店

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!!


ゆめのはこ