現場日記

西尾市で注文住宅、土地探し、住宅ローンのお悩み解決はイトー工務店

現場日記

伊藤 明伊藤

ウレタン断熱完了

2019年 06月 07日 (金)

こんにちは!

今日は西尾市で建築中の新築の現場をお送りします。

現在、ウレタン断熱の吹付けが終わって、天井も出来上がり、これから壁を張っていく前段階です。

ウレタン断熱は、家の中の隙間を無くして、保温力を高めたとても暮らし心地を高めてくれる断熱材です。

その断熱材をしっかりと入れてある壁の上に胴縁(どうぶち)と柱で格子状にして、そこに壁をつくっていきます。

断熱材の性能で、お家の中の暮らし心地が大きく変わってくることを思うと、この現場の状況はとても大切な段階だということがわかって頂けると思います。

また、断熱材の工事の仕方も注意が必要で、窓まわりの細かい部分に断熱材をサボってしまう施工業者さんもいると聞いたことがあります。

上の写真のように、窓まわりの空間を無くして、どこを見ても断熱材がしっかりと入れてあるのが本当に良い工事の仕方です。

これからの進行状況もご期待ください♫

 

さて、この断熱材の性能と、窓の性能、そして気密という家の隙間を極力減らすつくりによって可能になる、

「エアコン1台で、暮らし心地の快適さと、光熱費を削減するエコ住宅」

がいよいよ正式にイトー工務店のおウチとして発表します!

ちょっとでも興味がある!!という方は、

こちらのエコ住宅のページも是非御覧ください!!

エコ住宅についてはこちらから▶▶▶

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!


伊藤 明伊藤

西尾市で床のリフォーム

2019年 06月 02日 (日)

こんにちは!

昨日、西尾市今川町で床のリフォームを行いました。

内容は、今までの床の上にリフォーム用のフローリングを張るという工事です。

家も古くなると、床が傷んでくるので、何十年に一回はこういったリフォームをして、

お家のメンテナンスをしていくとお家が長持ちします。

 

今回の現場に入ってくれている大工さんは落道親子!

まず初めは廊下のちょっとした出っ張りを削っていく細かい作業から。

 

親方は、玄関框の微妙な段差を削っていきます。この本の数ミリの段差を削るか削らないか、

そこが仕上がりの良し悪しを決定づけます。

 

親子並んで床の端々をカットしていく作業。

 

最初は長年使い込んできて、だいぶカサカサになってきていた床だったのですが…

 

きれいになりました!

玄関入口の框の部分もとてもキレイに仕上がっています!

 

床のリフォームというと、床を剥がして作り直すというイメージがあるのですが、

こういうリフォームの材料を的確につかうと、

思っていたよりも安上がりで、キレイナおウチに変身することができます!

 

もしも、自分のおウチもそろそろだなぁ…と感じている方は、

今すぐこちらのお問合せまで!

 

イトー工務店の事をもっと知っていただきたいので、

是非こちら↓↓↓もご覧ください(^^)/

ありがとうございました!


伊藤 明伊藤

いよいよ完成!

2019年 03月 30日 (土)

みなさんこんにちは!代表の伊藤です。

今週も現場日記の更新をしていこうと思います。

 

まずは上矢田町の現場です。

玄関外のタイルも貼りあがって、もう完成を待つばかりとなりました。

幅広くてどっしりとした屋根と、すっきりとした窓配置が特徴のおウチです。

中はどうなっているのか気になりますね(#^^#)

 

内装や間取りが気になる!!って思った方には、実は直接ご覧いただくことができる時があります。

この現場では、来週の土曜日・日曜日に見学会を開催します。

ご予約不要でどなたでも見学いただける現場となっていますので、

ちょっとのぞいてみたいなって思った方は、是非ご来場ください。

詳しくはこちらから↓↓

ご予約不要ですが、もしも家づくりで聞きたい事がある時は、ご予約いただければ優先的にお話を聞かせていただきます。

すでに6件のご予約をいただいておりますので、もしもご予約いただける方は、お早めにお申し込みください。

 

真横から見るとまた違った印象ですね(^^)

 

それでは、見学会でお待ちしています♪

 

●また、初めて家づくりに取り組まれる方で、まずは家づくりの勉強から…という方は、

こちらの無料プレゼントも!!

西尾市で新築をする資料請求

 

 


伊藤 明伊藤

工事日記更新!上矢田町を特集

2019年 03月 19日 (火)

こんにちは!イトー工務店の伊藤明です。

最近、現場日記が滞っていてしまって楽しみにしてくださってる方には申し訳ありません(汗)

今日は、現在の現場の進行状況をお伝えしていきます♪

 

まず、西尾市上矢田の建物です。

外の足場もとれて、どっしりとした外観が現れました。

屋根には太陽光もついて、本当に完成間近というのを感じます。

 

外観はブラックとホワイトのツートンカラーとなっていて、モダンな感じをだしています。

建物の下から見ると、奥行きの深い屋根の軒が重厚感を出しています。これは実際にご自分の目で見てほしいです。

中は、今、クロスも貼り終わって、仕上げ工事に取り掛かっています。

今回の建物の1つのポイントは玄関に設置された手洗器。

タイルっぽい質感に、手づくり調の雰囲気がとても味があります。

今日はちょうど通水テストをしていました。

水道の職人さんが、一つ一つの器具をチェックしてくれています。

ちなみに彼は、監督から「ぽんちゃん」と呼ばれています笑

 

この上矢田の現場は、4月の6日、7日に完成見学会があるので、実際にご覧になっていただきたい!って思っています。家族団らんの秘密や、この日は新商品のエコ住宅の商品発表も行います。是非、ご家族で遊びにきてほしいです。

 

また、他の現場もちょこっと紹介です。

ここは、羽塚町の現場です。

こちらは外観がキューブ型で、スッキリとしたデザインです。

 

こちらは永吉町で工事がはじまった現場の基礎の型枠状態です。

ここからコンクリートがながされていって、基礎ができあがっていきます。

 

また随時更新していくので楽しみにしていてくださいね(*^^*)

 

〜イトー工務店ってなんだか面白いかも?〜

と思った方は、こちらの無料プレゼントもポチッっとして、プレゼント受け取ってくださいね♪

西尾市で新築の資料請求

 

それではまた〜(^o^)


伊藤 明伊藤

西尾市上矢田町の外壁

2019年 02月 12日 (火)

みなさんこんにちは。イトー工務店の代表、伊藤明です。

先週は私のスケジュールの都合もあって、現場日記の更新ができませんでした。

楽しみにしてくださっている方、申し訳ありませんm(_ _)m

今週はしっかりと現場をチェックしてきましたので、現場日記で報告させていただきます。

西尾市 新築 外観 工事中

前回の西尾市上矢田町の現場の様子はこんな感じでしたね。外壁の下地のシートが張ってあって、その上に外壁を張っていくの待つばかりという状態でした。

この状況から一転、今週はこんな外観になっています!!

西尾市 新築 外壁

7〜8割くらいは外壁のサイディングが張られていて、前回の写真と見比べると外壁部分はかなり変わったのではないでしょうか?

今回は、この外壁のサイディングについて、少しお話しをしてみたいと思います。

イトー工務店で標準採用している外壁は、旭トステムというメーカーのセルフッ素シリーズのサイディングです。具体的な特徴を挙げると、

①表面の塗装がおおよそ30年位経っても褪せることのない塗料

②雨が降ると雨が外壁の簡単なホコリ汚れなどを落としてくれる塗料

が使われているのが特徴です。

※詳しくはこちらの”イトー工務店のおウチの性能”を御覧ください!

 

家づくりをすこし勉強し始められた方だとなんとなくわかっているという方がいらっしゃいますが、外壁には大きく分けて

・サイディング

・ガルバリウム鋼板

・タイル

・塗り壁

があります。他にも外壁に木を張ったものなど、種類は多様にありますが、世間でよく見かけるのはこの4つではないでしょうか?

 

それぞれ、どれも素晴らしい工法であり、外壁の材料なのですが、一長一短があるので、目指される家づくりの目的に合わせられると良いのでは?と思っています。

外壁を選ぶ際の目的は、多くの方が”メンテナンスが楽”というところを目指されています。要は、「後から塗り替えるのは嫌だなぁ」というご意見です。

この後から塗り替えるのを避けるには、外壁はガルバリウム鋼板やタイル工法が良いとなってくるのですが、どちらも価格の問題や、日頃の使い勝手の問題などがあります。

ここで書いていると日が暮れてしまうので、今日はその辺りは書きませんが、世間でメンテナンス性を問われているサイディングをイトー工務店の注文住宅で標準採用しているという点についてお伝えしたいと思います。

西尾市 注文住宅 外壁

イトー工務店の標準の外壁材の旭トステムさんの製品は、先述したとおり30年の間、外壁の塗替えが必要ないという塗料が使われています。通常、外壁に使うサイディングという材料は、10年に1回の塗り替えが必要ですよ、なんて言われていますが、それは安い外壁のサイディングを使ったときの話しなのです。

30年というとかなりの年数ですよね。その間、まったく手を付けずに済むのは魅力だと思います。そして、メーカーさんと交渉を重ねた事で、子育て世代のご家族にも採用していただけるような価格の設定をすることができるようになったのです。

もしも、タイルの質感や見た目のイメージが好きだ!という方であれば、絶対に高額なお金を出してでも(サイディングの約4倍くらいと言われています)外壁はタイルにするべきです。

しかし、別にタイルの質感や外観イメージにこだわっているわけではなく、単純にメンテナンス面だけを見ていったときに、外壁だけずば抜けて高額になってしまって、住宅ローンの返済などで家計を圧迫するとしたら、外壁がメンテナンスフリーだったとしても、あまりその意味を成さないと思うんです。

ですから、私達は、家計の圧迫をせずにメンテナンスが楽な外壁材として旭トステムさんの外壁を使わせていただいております。

西尾市 一戸建て 外壁

ちなみに、旭トステムさんの外壁の塗料がメンテンスが楽というのには裏付けがあるんです。なんと、大阪の”あべのハルカス”や”東京ゲートブリッジ”、それに”岡山城”を復元する際にも使われているんです。

どの建造物も安易にメンテナンスできないものばかりですね。そういった建造物のメンテナンスの手間をなくすために、このルミフロンは使われているんですよ(^o^)

今日はひたすら外壁の材料について語りました。

 

イトー工務店では、これから家づくりをされるご家族、特にはじめて家づくりをするという方に向けて、”7つのマル秘資料”を無料プレゼントしています。是非、これから家づくりを!と思っている方はお読みください(*^^*)

西尾市 子育て 家 資料

最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回も読んでください♪


ゆめのはこ