%page_title%

愛知県西尾市で木の家の注文住宅で間取りの相談ならイトー工務店

現場レポート

伊藤 明伊藤

11月30日〜地盤改良〜

2018年 11月 30日 (金)

イトー工務店 代表イメージ

こんにちは!風邪をひきました!前回気をつけないとと言っておきながら・・・。みなさんも本当に気をつけてくださいね。明日は土曜日で、お客様との打合せもあるのでしっかりと明日までには治さねば!

 

さて、今日も西尾市の新築の現場の進行状況を紹介していきますね。前回まで擁壁の工事や水道メーターなどの設備の準備をお伝えしていたと思いますが、いよいよ新築の工事が徐々に進みはじめました。

新築の敷地イメージ

擁壁もキレイにできあがって、敷地の中に土も入り、畑と新築の土地の高低差がわかるようになってきました。今日は、敷地の真ん中あたりの凸凹なっているところのお話しです。

新築の地盤改良イメージ

敷地の真ん中あたりに建物を新築するのですが、丸いデコボコなっているのがわかりますか?これは、地盤改良のあとです。建物の基礎の位置の下に何十ヶ所もセメントの柱をつくる湿式柱状改良という地盤改良をしました。

この土地は、もともと低いところを埋め立てをして家をたてるので、その地盤が丈夫かといえば、もともとこの高さで何十年も経過した土地と比べたら弱いと思います。そういった土地に新築する際は、地盤改良を行って地盤を強化します。

この地盤改良というのは、家が新築したあとに、家そのものの重さで地盤沈下をしていかないように、しっかりと足元を固める為の工事です。これをしておかないと、地盤沈下してしまい、家が傾く原因となってしまうのです。新築した家が斜めになっては大変ということで、昔はこういった地盤改良の義務的なことはなかったのですが、現在では、瑕疵保険の手続き等の為に地盤沈下が起こらない土地としての基準を満たしているかどうかを調査されます。

 

新築の地盤改良詳細イメージ

ここでイトー工務店の取り組みも触れておきますと、イトー工務店では新築の時に地盤調査を必ずするわけですが、調査をした会社が地盤改良の判定を出すのではりません。もし調査をした会社が地盤改良の判定をするようだったら、好き勝手に判定がだせてしまい、本来必要の無い地盤にも改良の判定を出す事が可能になってしまいます。

逆に、本来地盤改良が必要なのに、不必要という判定をつくりあげてしまっては、新築して入居後に家が傾く不安と隣り合わせになっているということなのです。

それではお客様にとって不利益になってしまうので、調査をした会社から、第三者機関の判定専門の会社に地盤の判定をしてもらい、地盤改良が必要か、不必要かを判定することになっています。

 

新築する時に自社の中で、地盤調査→地盤判定→地盤改良の見積、となってしまうことを避けるようにしています。(逆に一緒にしている会社さんがあれば注意が必要)昨今の地盤に対して多くの地盤の内部での数字の書き換えなど、建築業界に対しての不信感が募る中、イトー工務店ではそんな不安をお客様から払拭していただくために第三者機関を利用しています。

 

さて、これから地盤改良も終わって新築の工事が徐々に進んでいきます。楽しみにしていて下さい!

 

▶▶イトー工務店の施工事例はこちらからご覧ください◀◀

▶▶イトー工務店の他の現場日記を読むならこちらへ◀◀

▶▶イトー工務店のホームへ戻るならこちらへ◀◀

 

〜ここからはお知らせです!〜

■今、イトー工務店では平日・休日ともに無料相談を受け付けています。詳しくはこちら▼▼▼

住宅ローン無料相談イメージ

■土地を買う時に注意しなければいけないこと知ってますか?是非、勉強して失敗しない土地探しを実現してくださいね!▼▼▼

家を建てる為の土地探しイメージ

■まだまだイトー工務店の事を知らないという方、こちらから隅々までごらんください(*^^*)▼▼▼

注文住宅 会社概要イメージ

■イトー工務店の資料を読んでみたいという方はこちらへ▼▼▼

家づくり資料請求 無料|西尾市の注文住宅イトー工務店

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!!