西尾市上矢田町の外壁|愛知県西尾市で新築ならイトー工務店

愛知県西尾市で木の家の注文住宅、理想の新築ならイトー工務店

現場レポート

伊藤 明伊藤

西尾市上矢田町の外壁

2019年 02月 12日 (火)

みなさんこんにちは。イトー工務店の代表、伊藤明です。

先週は私のスケジュールの都合もあって、現場日記の更新ができませんでした。

楽しみにしてくださっている方、申し訳ありませんm(_ _)m

今週はしっかりと現場をチェックしてきましたので、現場日記で報告させていただきます。

西尾市 新築 外観 工事中

前回の西尾市上矢田町の現場の様子はこんな感じでしたね。外壁の下地のシートが張ってあって、その上に外壁を張っていくの待つばかりという状態でした。

この状況から一転、今週はこんな外観になっています!!

西尾市 新築 外壁

7〜8割くらいは外壁のサイディングが張られていて、前回の写真と見比べると外壁部分はかなり変わったのではないでしょうか?

今回は、この外壁のサイディングについて、少しお話しをしてみたいと思います。

イトー工務店で標準採用している外壁は、旭トステムというメーカーのセルフッ素シリーズのサイディングです。具体的な特徴を挙げると、

①表面の塗装がおおよそ30年位経っても褪せることのない塗料

②雨が降ると雨が外壁の簡単なホコリ汚れなどを落としてくれる塗料

が使われているのが特徴です。

※詳しくはこちらの”イトー工務店のおウチの性能”を御覧ください!

 

家づくりをすこし勉強し始められた方だとなんとなくわかっているという方がいらっしゃいますが、外壁には大きく分けて

・サイディング

・ガルバリウム鋼板

・タイル

・塗り壁

があります。他にも外壁に木を張ったものなど、種類は多様にありますが、世間でよく見かけるのはこの4つではないでしょうか?

 

それぞれ、どれも素晴らしい工法であり、外壁の材料なのですが、一長一短があるので、目指される家づくりの目的に合わせられると良いのでは?と思っています。

外壁を選ぶ際の目的は、多くの方が”メンテナンスが楽”というところを目指されています。要は、「後から塗り替えるのは嫌だなぁ」というご意見です。

この後から塗り替えるのを避けるには、外壁はガルバリウム鋼板やタイル工法が良いとなってくるのですが、どちらも価格の問題や、日頃の使い勝手の問題などがあります。

ここで書いていると日が暮れてしまうので、今日はその辺りは書きませんが、世間でメンテナンス性を問われているサイディングをイトー工務店の注文住宅で標準採用しているという点についてお伝えしたいと思います。

西尾市 注文住宅 外壁

イトー工務店の標準の外壁材の旭トステムさんの製品は、先述したとおり30年の間、外壁の塗替えが必要ないという塗料が使われています。通常、外壁に使うサイディングという材料は、10年に1回の塗り替えが必要ですよ、なんて言われていますが、それは安い外壁のサイディングを使ったときの話しなのです。

30年というとかなりの年数ですよね。その間、まったく手を付けずに済むのは魅力だと思います。そして、メーカーさんと交渉を重ねた事で、子育て世代のご家族にも採用していただけるような価格の設定をすることができるようになったのです。

もしも、タイルの質感や見た目のイメージが好きだ!という方であれば、絶対に高額なお金を出してでも(サイディングの約4倍くらいと言われています)外壁はタイルにするべきです。

しかし、別にタイルの質感や外観イメージにこだわっているわけではなく、単純にメンテナンス面だけを見ていったときに、外壁だけずば抜けて高額になってしまって、住宅ローンの返済などで家計を圧迫するとしたら、外壁がメンテナンスフリーだったとしても、あまりその意味を成さないと思うんです。

ですから、私達は、家計の圧迫をせずにメンテナンスが楽な外壁材として旭トステムさんの外壁を使わせていただいております。

西尾市 一戸建て 外壁

ちなみに、旭トステムさんの外壁の塗料がメンテンスが楽というのには裏付けがあるんです。なんと、大阪の”あべのハルカス”や”東京ゲートブリッジ”、それに”岡山城”を復元する際にも使われているんです。

どの建造物も安易にメンテナンスできないものばかりですね。そういった建造物のメンテナンスの手間をなくすために、このルミフロンは使われているんですよ(^o^)

今日はひたすら外壁の材料について語りました。

 

イトー工務店では、これから家づくりをされるご家族、特にはじめて家づくりをするという方に向けて、”7つのマル秘資料”を無料プレゼントしています。是非、これから家づくりを!と思っている方はお読みください(*^^*)

西尾市 子育て 家 資料

最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回も読んでください♪