10月, 2017 | 愛知県西尾市で木の家の注文住宅、理想の新築ならイトー工務店

愛知県西尾市で木の家の注文住宅、理想の新築ならイトー工務店

現場日記

土屋 孔一tuchiya

碧南市で外観が見えた!

2017年 10月 31日 (火)

こんにちは!イトー工務店の土屋です。

碧南市の新築現場で足場がなくなり、外観がお目見えしました!!

この足場がなくなる瞬間って、いつもウキウキします。

足場がある時は、やっぱりまだ「新築の工事現場」っていうイメージなんですが、

足場が取れると、完成間近の建物だっていう感じになるんですよ。

特に注文住宅の場合は、毎回毎回形が変わるので、

「今回はどんな風に見えるんだろうか?」って言う気持ちが

工務店の中でも話題になるんですよ。

だから、お客様からしたら、自分自身で計画してきたマイホームが

いよいよ・・・という気持ちで気分も盛り上がるのでは???と思います。

 

社長も、上棟後にお客様へ

「足場が取れると、テンションめっちゃあがりますよ!」ってお客様によくお話ししているので、

社長もきっとウキウキしてるんだろうなって思います(笑)

道路面から見た感じです。

屋根の軒が深くでどっしりした印象ですね。

私たちの屋根にはよく「樋はついてないの?」って質問をもらいますが、

実は、デザイン性を良くするために、屋根に一体化したように見えるよう、

設計デザインをしているんですよ。

凹凸のあるデザインは陰影が出てカッコイイです。

碧南市でもこうやって工事をさせていただけるのが本当にありがたいです。

さぁ、内装工事も終盤に入ってきて、もう少しで完成です(^^♪


土屋 孔一tuchiya

祝☆上棟!!

2017年 10月 28日 (土)

こんにちは!イトー工務店の土屋です。

西尾市横手町の新築現場で木曜日に上棟が行われました~。

西三河地方は、雨続きで予定が1日延びてしまいましたが、この日は雲ひとつない上棟日和な1日でした。

でも今日は気持ちのいい晴天ですね。

西三河中から大工さん達が集まってきますが、

岡崎や安城の現場を担当している大工さんたちから見ると、

敷地内にこんなに材料が広げれる現場はなかなかないそうです。

大工さん達もみんなビックリしてました!!

さぁ無事に上棟出来ました☆

誠におめでとうございます!!

お子様たちも上棟祭に間に合って良かったです!

上棟祭は家族の記念であり、注文住宅での新築の醍醐味ですからね。


土屋 孔一tuchiya

新築現場室内!!

2017年 10月 23日 (月)

こんにちは!イトー工務店の土屋です。

須田町の新築現場で大工さんの工事が進んでおります!

やはり西三河は田舎なので、お客様の中では仏間や神棚を希望されます。

ですので、今回は大工さんが和室の押入と仏間を作っている様子です。

こちらはキッチンです!注文住宅ならではのこだわりのキッチンを選んでいただきました。

このあたりの自分でつける機種・器具を決めれるのは、注文住宅ならではですね。

カウンター下の壁にくぼみが!!

さあぁ、何が出来るのでしょうか~♬


土屋 孔一tuchiya

吉良町で解体工事完了!

2017年 10月 19日 (木)

こんにちは!イトー工務店の土屋です。

西尾市吉良町の新築現場で古い建物の解体工事が終わりました!!

元々とっても大きな和風の建物があったので、解体が行われると風景が変わりますね。

解体も単にグシャって壊すだけではなく、順序があって解体されていくきます。

今回は、その終わりの日です。

大きな建物がなくなったので土地の広さを感じます!

ゴミも全部産業廃棄物で、決められた廃棄物処理場に持っていきます。

ここで豆知識ですが、

解体工事を安く行う業者さんは、このごみ処理を違法の中間置き場に置いていたりm、

違法に捨ててしまっているところもあるので、

これはお客様ではわからないところですから、注意が必要ですね。

 

後はブロック塀と樹木も取り除いて、更にスッキリします(^^♪

実は、樹木ってとんでもなく処分に費用がかかるので、

今回のお客様は、短い木々は自分でできる範囲まで切って処分場で処分してくれていました。

ご協力ありがとうございます。

 

ここから、地縄を張って、地盤調査、地盤改良と、どんどん新築工事が始まっていきます。

その様子も報告していきますので、お楽しみに!!


土屋 孔一tuchiya

基礎工事中!!

2017年 10月 13日 (金)

こんにちは!イトー工務店の土屋です。 西尾市横手町の新築現場で基礎工事が順調に進んでおります!

今回は基礎のベースとよばれる全体に打設(だせつ)したコンクリートが乾いてきたので、

その上に、部屋を間仕切る為の基礎をつくる作業です。

その為に、この写真のように型枠をしっかりと組んでそこに2度めのコンクリートを流す作業をしていきます。

 

 

特別に私が掃除したわけでもないのに、職人さんがしっかりと清掃してくれるので、きれいな現場になっています。

自分で言うのもなんですが、やはりきれいな清掃ができている現場の工務店は、仕事の段取りもしっかりできていると思います。

基礎のコンクリートの型枠は、

内側に流し入れるコンクリートを15センチの幅になるように型枠を組んでいきます。

コンクリートはかなりの圧力があるので、流し入れた後の圧力に負けないように、型枠の上にストッパーがついているのが見えますか?

このストッパーが少ないと、型枠が崩壊して大変なことになってしまいます。

 

明日から来週の木曜日まで天気予報が雨マークだらけになっててビックリしました!! ホントにそんなに雨が続くのでしょうか・・・(>_<)


ゆめのはこ