12月, 2018 | 西尾市で注文住宅、土地探し、住宅ローンのお悩み解決はイトー工務店

西尾市で注文住宅、土地探し、住宅ローンのお悩み解決はイトー工務店

現場日記

伊藤 明伊藤

西尾市の土台工事

2018年 12月 20日 (木)

こんにちは!伊藤明です。

一昨日は、たまたまアドバイザー中園と総務の水谷がお休みだったため、事務所で私一人という状態でした。いろんな売り込みの営業電話から郵便、宅配便などがあって、一人だとけっこう大変だなぁ…仕事がはかどらないなぁ…と日頃のスタッフにより感謝を感じました。

新築 代表 イメージ

さて、西尾市の新築の現場ですが、先日までで基礎工事を終えて、今日は大工さんが基礎の上に土台を敷いています。

西尾市 新築 土台

この新築の現場で前回までお伝えしていた基礎工事も完了して、いよいよ木の家の新築といえばある意味、現場作業のメインである大工さんが入ります。この日は土台(どだい)という材木を組み合わせていく作業をはじめていした。

材木はまず、土台から組み付けをしはじめて、上棟の日に柱や梁(はり)・桁(けた)を組み、母屋(もや)や小屋束(こやづか)棟を順番にとりつけていくと、家の形が見えてきます。その最初のとりかかりの作業が、この土台敷き(どだいしき)となります。

西尾市 新築 基礎工事

このように、新築の基礎が終わった現場に材木が運ばれてきます。そこから1本1本、土台を組み付ける場所に配り、おおよその位置を確認します。この土台ですが、けっこう長い材木なので、かなり重量があって重いんですが、そこは大工さんが力持ちなので、ひょいひょいと配置していってしまいます。

ちなみにこの上の写真の基礎から金具が飛び出ているのが見えますか?これがアンカーボルトといって、土台と基礎をボルト締めしてガッチリ動かなくするためのものです。新築の家が丈夫な理由その一です!昔の家は、このアンカーボルトが無くて、土台の上に乗せるだけだったという時代もあるようで、そういうおウチは地震などの大きな揺れで家がずれてしまうおそれがあるということを昔々、大工さんから聞きました。

他にも、阪神大震災以降の新築の基礎のコンクリートを流す段階で、入れてある耐震のための金具「ホールダウン金物」は基礎と土台と通し柱(とおしばしら)をしっかりと接合するための金具です。これも新築が丈夫な理由の一つといえますね。

西尾市 新築 上棟準備

寒空の下で、こうやって土台を2人の大工さんが1本ずつ組み付けていきます。

西尾市 新築 大工

基礎からでているアンカーボルトの位置にドリルで穴を開けるんですが、この位置出しの計算は、アンカーボルト1本1本を手加工で行っていくので、とても慎重に位置出しをしますし、頭をつかうので、大工さんの頭の回転を見せつけられる現場です。

 

ここから、今週末には上棟となりますので、それまでに構造材の搬入と、足場組みが行われます。お施主様にとっては、人生で一度きりの上棟なので先日の中園との打ち合わせではとても楽しみにされていました!当日が晴れる事を願っています。

 

さて、こうやって大工さんが手加工も加えながら家づくりが進んでいくわけですが、こうして丁寧につくりあげていった家が完成するとどんなふうになるのか、見てみたくありませんか?

今回、先日完成を迎えたお客様からのご厚意で、現場を貸していただけることになりました。12月17日から28日までの間ならいつでも見学いただけるようになっています。

土日休みではないという方も、今回のおウチは平日に見学することができますので、是非この機会をつかって家づくりで完成したおウチを見てみたいという方はご覧ください!

今回のおウチは、子育て世代のご家族の模範となるような間取りになっています。間取りはWEB上では公開することができませんが、実際にご見学いただいた方にはお見せいたします(お持ち帰りはできませんm(_ _)m)

今、ご自身の中でどんな間取りにしようか迷っているという方は、是非間取りづくりの勉強をしていただけたらと思います!

詳細とご予約はコチラのイベントページへどうぞ▶▶▶西尾市の見学会はこちら

西尾市 新築 見学会

 

イトー工務店のホームページトップ画面への移動はコチラからどうぞ▶▶▶トップページ

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!


伊藤 明伊藤

西尾市羽塚町の基礎工事

2018年 12月 18日 (火)

こんにちは!伊藤明です。

毎日本当に寒くなりました。つい先日まで暖冬と言われて「今年はあったかいなぁ」とか言っておりましたが、そんな事言っていられないくらい寒いです。寒さに加えて、朝起きたときに外が暗いとなかなか頭が起きてくれないので、時間がかかってしまいます。朝に強い精神力を身に着けたいものです。

新築 代表 イメージ

さて、今日も現場の様子をお送りしていきます。

今日はいつもお送りしている西尾市羽塚町の新築の現場をお送りします。先日、地盤改良が終わった様子をお伝えしました。今日はその上に基礎をつくるとっかかりの工事の様子です。

西尾市 新築 基礎工事

基礎の職人さんが、前回の現場で引き上げてきた型枠についた細かいセメントを落としている作業です。大まかなセメントは前の現場で落としてくるのですが、型枠についた微量のコンクリートのカタマリを落として現場の基礎まわりに配置していきます。この微量のカタマリを落とすか、落とさないかで基礎の表面の仕上がりが全然違うので、私達は大切にしたい部分です。

この型枠のセメント落としは、寿司職人で言うところの包丁を研ぐような感じの作業だと想像してみてください。というのも、型枠が多少汚れていたとしても基礎は作れます。ぶっちゃけコンクリートが流し込めればよいのですから。

寿司もそうじゃないですか?魚を切って酢飯に乗せるだけなら包丁の切れ味は特に問題ありません。でも、料理を食べる時の舌触りや食感、味などをよりよくするには、包丁の切れ味や清潔さはとても大切なことだとある本で読んだことがあります。…ある本とは、マンガの将太の寿司です(笑)

職人さんには2種類いると思うんです。一人は、ただ目標の期日までに依頼されたモノをつくりあげるだけの人。もうひとりは、目標の期日までに依頼されたものを如何にクオリティ高くつくりあげるか考える人。

目標にこだわるけれど、それ以上に職人としての目的、ここで言う『より良いものの探求』に熱心に生きている人がやっぱり人の心を打つように感じます。それが職人さんの価値であり、一生に一回という家づくりを任されるにふさわしい人柄だと感じます。

西尾市 新築 基礎の防湿シート

新築の現場の建物は、現在こういう感じです。基礎の表面の白い部分は、防湿シートという地面の下から湿気を上にあげず、このシートで遮るという役割のものが敷いてあります。この上に鉄筋を並べて、コンクリートを流すという作業の工程になります。

ただ、やはりコンクリートを適当に流し込むだけでは絶対にダメなので、先程ご紹介したキレイになった型枠を外周に配して、基礎を流す準備をしていきます。

西尾市 新築の基礎 職人

1枚1枚、キレイになった型枠を奥から順番に置いていき、型枠をしっかりと立てる(専門的には起こすといいます)時には、一気に型枠を起こして接続してきます。このあたりの段取りの良さも職人さんの腕前です。段取り八分とはよく言ったものですが、腕利きの職人さんほど、準備の段階に時間を投じます。

 

この基礎の段階から完成までを実況していくわけですが、今後もこの現場では、イトー工務店が統括して、基礎職人さん、大工さん、内装職人さんが順番に仕事をしていくと、おウチが完成となります。この新築が始まった基礎も、完成するのは何ヶ月も後になりますが、もし今これを読んでくださってる方の中で、

”ちょっとイトー工務店の完成した新築のおウチがみたいなぁ”

と思った方は、2つ御覧いただける選択肢があります。

1つは、12月17日から28日の間で見学することができる、西尾市吉良町の完成の建物を見ていただけます。実際に計画段階から始まって、ついに完成まで到達したお客様のおウチが、お引渡しが来年になるということで年内の間はご厚意で貸していただけることとなりました。

この完成のおウチが見れるのは、2018年の年内の期間だけです。これから家づくりをされるかたは、この機会を逃すことが無いように、是非こちらの見学会のページからご予約ください!▶▶▶子育て世代の新築 完成見学会

12月 注文住宅 見学会 

また、もう一つの方法で、イトー工務店のモデルハウスが西尾市の今川町にあります。子育て世代の方の”かゆいところに手が届く”モデルハウスとなっています。こちらも、ご予約いただければご案内しますので、是非とも2019年はマイホームを新築するぞ!という方は、ご覧ください。▶▶▶イトー工務店のモデルハウス

西尾市 新築 モデルハウス

また、はじめてイトー工務店のブログをご覧になったという方は、イトー工務店の考え方を知っていただきたいので、こちらをご覧ください♪▶▶▶社長の思い

西尾市 新築 代表の想い

 


伊藤 明伊藤

西尾市羽塚町の地盤改良

2018年 12月 13日 (木)

こんにちは!伊藤明です。

先日、年に1回の健康診断に行ってきました。もうすぐ厄年ってこともあるので、体も意識的に注意していかないと知らない間に手遅れに…なんてことになってしまうなぁと思って必ずいくようにしています。本当は注射が大嫌いなので、行きたくないのですが。

そしたら、身長が0.5センチ伸びていて、体重が減っていました 。珍しくポジティブな気分で終えることができたなぁと思っています。

新築 代表 イメージ

さて、今日も現場の様子をお送りしていきます。

西尾市羽塚町の新築の現場では、先日、地盤改良が終わりました。今回の現場の敷地は、地盤調査の結果をみると地盤改良工事が必要だという判定結果でした。その判定結果の中で、地盤の解析をしてもらい必要な支える力を確保するのに必要な工事を行ってあります。

西尾市 新築 地盤改良

こうやって見ると、どこが工事してあるかわからないと思うので、もう少しアングルを変えて…

西尾市 新築 柱状改良

この1つ1つの円が改良した部分です。この工法を地盤改良の中でも、湿式柱状改良という工法を採用して行いました。湿式柱状改良というのは、建物の基礎や柱の位置を計算して、負荷のかかる部分に対して強度を保てるように地面の中に柱をつくっていくというイメージの工法です。

柱の作り方は、セメントと地面の土を専用のドリルのような機械で混ぜ合わせながらつくりあげていきます。直径は現場によって違いますが、40センチから60センチ、地盤の力がすごく弱いところになると、80センチという大きさになります。

 

地盤改良の工法は、いろんな工法がありますが、一番大切なのは、新築でかかる地盤改良の部分の予算と、それによって作り出せる強さのバランスだと思います。すごく強い地盤をつくろうと思えば、例えば空港の地盤などにつかってある工法のサンドコンパクションパイル工法なんていうのがあるのですが、まぁ、空港をつくるのに使うくらいなので、強さは想像していただけたらと思いますが、とにかく費用面が凄まじい…。他にも、新築の建物の下にくる地盤部分の土を、全て砕石に変えて特殊ネットでつつむと言われているジオグリッド工法なんていうのも聞いたことがありますが、こちらもまた費用がとんでもない…。

 

でも、地盤がとにかく強いほうがいいんじゃないの???と思われるとおもうのですが、地盤にお金をかけすぎて月々のランニングコストが高くなってしまう性能の低い新築の住宅や、必要な部屋数が確保できない新築の建物ができてしまう事も問題だと思うのです。

ではどこで判断をするのか?それが冒頭に出てきた、新築工事で一番最初に行う地盤調査の結果と、それを解析にまわした時にでてきた結果です。この結果と解析で判定された地盤改良を行うことで、第三者保険機関が「この地盤改良を行うことで地盤の強さをしっかり保証しますよ」という”地盤保証”を受けられるのであれば、その判定結果で出てきた地盤改良を行うことでOKだといえます。

西尾市 地盤 新築

大切なのは、強さと予算のバランスです。毎日を楽しく暮らしていただきたいからこそ、バランスをどこで保つのかをしっかりと考えています。

 

あ、そうそう!一つだけ地盤で覚えておいていただきたいことがあります。

 

それは、地盤調査の会社が地盤の解析までしないことです。地盤の解析と保証は、それ専門の業者や機関に依頼することが大切です。

例えばこんな話を聞いたことがあります。

 

あるハウスメーカーさんが、自社で地盤調査を行ってみると、数字上では地盤改良が必要になる結果でした。でも、お客様の予算が厳しいことをスタッフが知っていたため、改良が必要な結果だとしても、”改良が必要ない”という判定を出して、お客様の予算の範囲内で家づくりをしたということがあったそうです。

お客様からしたら新築の工事を予算通りで行えて嬉しいはずです。しかし、これを聞いてあなたはどう感じるでしょうか?最近では、関東の方でもマンションの数字のごまかしや免震装置の性能の偽りなどがニュースでも言われています。

 

予算も大切ですが、いちばん大切なのはお客様の生活の安心安全です。

 

ですので、これから新築したい!そう思っている方がいらっしゃるとしたら、難しいことは覚えていなくても大丈夫ですので、一つだけ覚えておいて下さい。地盤調査と地盤の解析や保証をしてくれる会社が一緒のハウスメーカーさんや工務店さんを選ばれる際は「地盤の解析は第三者機関でお願いします」と言うことが大切です。

 

さて、羽塚の現場もこれから順番にすすんでいきますので、こちらで随時お知らせしていきます。楽しみにしていてください。

▶▶イトー工務店の施工事例はこちらからご覧ください◀◀

▶▶イトー工務店の他の現場日記を読むならこちらへ◀◀

▶▶イトー工務店のホームへ戻るならこちらへ◀◀

 

 

ここからは今月のイトー工務店のイベントのご案内です!

■不動産屋さんが絶対にお客様に教えたくない土地探しのマル秘テクニック勉強会!

これが12月23日(日)14:00〜15:30までイトー工務店で開催します。

土地探しから家づくりを始められる方は、絶対に聞いておいたほうが良い!と、受けられた方の好評率100%の勉強会です。▶▶土地探しのマル秘テクニック勉強会のお申込みはコチラから◀◀

〜ここからはお知らせです!〜

 

 

■今、イトー工務店では平日・休日ともに無料相談を受け付けています。詳しくはこちら▼▼▼

住宅ローン無料相談イメージ

■土地を買う時に注意しなければいけないこと知ってますか?是非、勉強して失敗しない土地探しを実現してくださいね!▼▼▼

家を建てる為の土地探しイメージ

■まだまだイトー工務店の事を知らないという方、こちらから隅々までごらんください(*^^*)▼▼▼

新築 会社概要イメージ

■イトー工務店の資料を読んでみたいという方はこちらへ▼▼▼

新築の家づくり資料請求 無料 イメージ

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!!

 


伊藤 明伊藤

西尾市の基礎工事

2018年 12月 11日 (火)

こんにちは!伊藤明です。

先日、インターネット経由でWimaxの機種変更を依頼したら、後日電話で「受付できません」と言われてショックを受けています。エディオンさんで申し込んだWimaxは、エディオンさんじゃないと手続きできないことを今更知りました💦やっぱり店頭で相談すれば良かったんだなと、すべてをネットで終わらせるのは逆に手間がかかってしまうこともあることをしました。

新築 代表 イメージ

さて、今日は、西尾市矢田町での新築の現場の進行状況をお送りしたいと思います。前回の現場の状態は、基礎工事に着工して、コンクリートを流すための型枠を組んでいるところでした。覚えていらっしゃいますか?

西尾市 新築 基礎工事 

今回までの間に基礎のコンクリートを流す為の型枠が完成して、鉄筋を組み付ける作業を終えて、ベースコンクリートという基礎全体にコンクリートを流すという工事が終わりました。ベースコンクリートを全体に流して行う基礎工事を”ベタ基礎”と呼ばれていて、家の基礎全体に太い鉄筋と、コンクリートが広がるので、頑丈な基礎が出来上がります。

鉄筋とコンクリートは相性が良いので、鉄筋が組んであるところにコンクリートを流すと、コンクリートが鉄筋にくっついて、そう簡単に割れないコンクリート基礎ができあがるというわけです。よく「新築の現場を見ると、コンクリートを流す前に鉄筋が格子状にならんでいるのを見るんだけど、なんで?」というご質問をいただくのですが、丈夫な基礎をつくるための工夫ですし、今では新築で住宅を建てさせていただく際には、建築基準法で基礎工事の際は、どれくらいの太さの鉄筋で格子をつくらなければならないのかも決められています。

西尾市 新築 基礎型枠

木の型枠の下にグレーの部分が多く広がってると思いますが、これが1回目に流したコンクリートで、ベタ基礎という基礎の工法となります。そのベタ基礎のコンクリートの上に、今この写真で写っている型枠を作って、コンクリートをこの型枠の中に流していく作業となります。このベタ基礎の上の基礎を”布基礎”と言います。

新築工事は、地盤や基礎がとっても重要です。この基礎の出来栄えで新築の住宅の出来栄えが変わるといえます。また、この基礎の中に配筋してある鉄筋をキレイにならべて組み付けても、見えないところだからと手を抜いても、誰にもわかりません。でも、こういう見えないところで、どれだけ丁寧に仕事をするかが、新築に対する会社の姿勢であり、イトー工務店では「誰が突然見に来ても大丈夫な現場づくり」とさせていただいています。

西尾市 新築 基礎の職人西尾市 新築 鉄筋配筋

この布基礎の型枠の中に鉄筋が入っているのが見えるでしょうか?この鉄筋も型枠の中央に来るように基礎の職人さんがしっかりと計算しながら並べていくんです。これが、私が昔から本当に素晴らしい精度だなぁと思うのですが、材木屋さんで材木はプレカットといって製材を既にされてくるのですが、それとは別で、基礎は基礎職人さんの手作業で現場で行われて、上棟の日には、うまくこの材木と基礎の寸法や角度がすべて噛み合って家の形をつくるわけで…って、すみません💦興奮してしまって何を言っているかわかりづらいですよねm(__)m

ちなみに型枠の外周面に材木などが斜めに打ち込んであると思うのですが、これがコンクリートの圧力で型枠が膨れたり壊れたりしないための”カイモノ”です。どれだけキレイに型枠が組んであったとしても、このカイモノがしっかりとしてないと、基礎が地面に対して垂直にできていなかったり、波打ってしまうことになってしまいます。

次回は、基礎を流したあとの現場の様子をご覧いただこうと思います。

 

ではまた次回の現場日記で!

▶▶イトー工務店の施工事例はこちらからご覧ください◀◀

 

▶▶イトー工務店の他の現場日記を読むならこちらへ◀◀

 

▶▶イトー工務店のホームへ戻るならこちらへ◀◀

 

さて、いつものようにイベントのお知らせです(^^)

ここからは今月のイトー工務店のイベントのご案内です!

■不動産屋さんが絶対にお客様に教えたくない土地探しのマル秘テクニック勉強会!

これが12月23日(日)14:00〜15:30までイトー工務店で開催します。

土地探しから家づくりを始められる方は、絶対に聞いておいたほうが良い!と、受けられた方の好評率100%の勉強会です。▶▶土地探しのマル秘テクニック勉強会のお申込みはコチラから◀◀

 

〜ここからはお知らせです!〜

■今、イトー工務店では平日・休日ともに無料相談を受け付けています。詳しくはこちら▼▼▼

住宅ローン無料相談イメージ

■土地を買う時に注意しなければいけないこと知ってますか?是非、勉強して失敗しない土地探しを実現してくださいね!▼▼▼

家を建てる為の土地探しイメージ

■まだまだイトー工務店の事を知らないという方、こちらから隅々までごらんください(*^^*)▼▼▼

新築 会社概要イメージ

■イトー工務店の資料を読んでみたいという方はこちらへ▼▼▼

新築の家づくり資料請求 無料 イメージ

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!!


伊藤 明伊藤

西尾市 新築の着工前の様子

2018年 12月 05日 (水)

こんにちは!私、ポケットwifiルーター(呼び方古いですか???)をつい最近振り返ってみたら、4年も使っていて、びっくりしました^^;思わず機種変の手続きをネットでしてしまったのですが、今更になって店頭で受け付けてもらえばよかったかなぁと不安になっています。やっぱ人と人とが顔を合せて、というのが大切ですね。ドキドキしています。

新築 代表 イメージ

さて、先日、西尾市の羽塚町で地鎮祭を行った現場が、いよいよ着工していくので、今日はその新築の着工前の様子を見ていただきましょう!

新築の着工前 イメージ

こんな感じでまだまだ殺風景な感じは否めません。ここからこの土地に新築の工事を時間をかけて行うことで家ができあがっていくわけですから。ん?でも写真の左の方に、何か木の壁のような物が見えます。これは何でしょうか?

新築の近隣の養生 イメージ

これは、お隣の敷地のフェンスを絶対に傷をつけるわけにはいかないので、こうやってベニア板と、その裏にスポンジで保護をさせていただきました。こういう保護する作業などを”養生(ようじょう)”と呼びます。これをやるのには手間がかかるわけですが、もしも、工事中に何かがあたって傷がついたとした時には「あ〜、もうひと手間かけて養生しておいたらよかったのになぁ・・・」と思っていまうでしょう。そういったあとから後悔することの無いように、こういった養生を新築の際にはさせていただく現場もあります。

新築 入り口の養生 イメージ

こちら側のフェンスにも養生をします。

新築をしている最中の傷は、お施主様には全く関係がないのに、住み始めてからの人間関係にはもしかしたら響いてしまうかもしれない、「新しくきたアノ家族、どういう建築会社に依頼しているんだ。」なんていうふうに思われてしまっては、我々の責任でお客様の新築の想いをぶち壊してしまうことにも繋がりかねません。ですから、私達は、おウチの工事もしっかりとやりますが、それ以上にといっても良いくらいに近隣の方へご迷惑をかけないように努めいています。とても新築で大事なことだと思っています。

(特に、今回のケースは、フェンスと新築の建物が若干近いということもあって、養生させていただいているので、現場によってはここまでしないというところもあります。現場によって臨機応変に監督が考えていきます)

 

新築 道路の養生 イメージ

また、今回の養生ではひときわしっかりさせていただいたのが、道路です。私達イトー工務店は、新築の時の道路を傷めたり、側溝を傷めてしまうことをとても重要視しているので、車が通るところにはゴム板や鉄板板を敷くようにして、車両が道路を直接傷めることの無いように考えて工事をしていきます。

すべては、完成した時のお客様と近隣の方との人間関係のため、そこが目的なのです。

 

ではまた次回の現場日記で!

▶▶イトー工務店の施工事例はこちらからご覧ください◀◀

▶▶イトー工務店の他の現場日記を読むならこちらへ◀◀

▶▶イトー工務店のホームへ戻るならこちらへ◀◀

 

ここからは今月のイトー工務店のイベントのご案内です!

■不動産屋さんが絶対にお客様に教えたくない土地探しのマル秘テクニック勉強会!

これが12月23日(日)14:00〜15:30までイトー工務店で開催します。

土地探しから家づくりを始められる方は、絶対に聞いておいたほうが良い!と、受けられた方の好評率100%の勉強会です。▶▶土地探しのマル秘テクニック勉強会のお申込みはコチラから◀◀

 

〜ここからはお知らせです!〜

■今、イトー工務店では平日・休日ともに無料相談を受け付けています。詳しくはこちら▼▼▼

住宅ローン無料相談イメージ

■土地を買う時に注意しなければいけないこと知ってますか?是非、勉強して失敗しない土地探しを実現してくださいね!▼▼▼

家を建てる為の土地探しイメージ

■まだまだイトー工務店の事を知らないという方、こちらから隅々までごらんください(*^^*)▼▼▼

新築 会社概要イメージ

■イトー工務店の資料を読んでみたいという方はこちらへ▼▼▼

新築の家づくり資料請求 無料 イメージ

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!!


ゆめのはこ