6月, 2019 | 愛知県西尾市で木の家の注文住宅、理想の新築ならイトー工務店

愛知県西尾市で木の家の注文住宅、理想の新築ならイトー工務店

現場日記

伊藤 明伊藤

ウレタン断熱完了

2019年 06月 07日 (金)

こんにちは!

今日は西尾市で建築中の新築の現場をお送りします。

現在、ウレタン断熱の吹付けが終わって、天井も出来上がり、これから壁を張っていく前段階です。

ウレタン断熱は、家の中の隙間を無くして、保温力を高めたとても暮らし心地を高めてくれる断熱材です。

その断熱材をしっかりと入れてある壁の上に胴縁(どうぶち)と柱で格子状にして、そこに壁をつくっていきます。

断熱材の性能で、お家の中の暮らし心地が大きく変わってくることを思うと、この現場の状況はとても大切な段階だということがわかって頂けると思います。

また、断熱材の工事の仕方も注意が必要で、窓まわりの細かい部分に断熱材をサボってしまう施工業者さんもいると聞いたことがあります。

上の写真のように、窓まわりの空間を無くして、どこを見ても断熱材がしっかりと入れてあるのが本当に良い工事の仕方です。

これからの進行状況もご期待ください♫

 

さて、この断熱材の性能と、窓の性能、そして気密という家の隙間を極力減らすつくりによって可能になる、

「エアコン1台で、暮らし心地の快適さと、光熱費を削減するエコ住宅」

がいよいよ正式にイトー工務店のおウチとして発表します!

ちょっとでも興味がある!!という方は、

こちらのエコ住宅のページも是非御覧ください!!

エコ住宅についてはこちらから▶▶▶

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!


伊藤 明伊藤

西尾市で床のリフォーム

2019年 06月 02日 (日)

こんにちは!

昨日、西尾市今川町で床のリフォームを行いました。

内容は、今までの床の上にリフォーム用のフローリングを張るという工事です。

家も古くなると、床が傷んでくるので、何十年に一回はこういったリフォームをして、

お家のメンテナンスをしていくとお家が長持ちします。

 

今回の現場に入ってくれている大工さんは落道親子!

まず初めは廊下のちょっとした出っ張りを削っていく細かい作業から。

 

親方は、玄関框の微妙な段差を削っていきます。この本の数ミリの段差を削るか削らないか、

そこが仕上がりの良し悪しを決定づけます。

 

親子並んで床の端々をカットしていく作業。

 

最初は長年使い込んできて、だいぶカサカサになってきていた床だったのですが…

 

きれいになりました!

玄関入口の框の部分もとてもキレイに仕上がっています!

 

床のリフォームというと、床を剥がして作り直すというイメージがあるのですが、

こういうリフォームの材料を的確につかうと、

思っていたよりも安上がりで、キレイナおウチに変身することができます!

 

もしも、自分のおウチもそろそろだなぁ…と感じている方は、

今すぐこちらのお問合せまで!

 

イトー工務店の事をもっと知っていただきたいので、

是非こちら↓↓↓もご覧ください(^^)/

ありがとうございました!


ゆめのはこ