金利だけで見ない住宅ローン|西尾市でフラット35ならイトー工務店

愛知県西尾市で木の家の注文住宅で間取りの相談ならイトー工務店

金利だけで見ない住宅ローン

金利 住宅ローン イメージ

住宅ローンの種類

住宅ローンの金利は、住宅を新築で購入されて住宅ローンを組んだ方みなさんにとって重要な問題だと思います。変動金利と固定金利、元利均等返済と元金均等返済など、非常に専門性が高くわかりづらいのが住宅ローンです。

なかでも多くの議論を巻き起こしているのが、35年間金利の変わらない全期間固定金利と、常に金利の見直しがある変動金利、そして変動金利の特約制度を利用した変動金利の短期固定特約型という中で、どの住宅ローン金利を選ぶことが正解のなのか?という問題です。

  • 全期間固定金利
  • 変動金利
  • 変動金利短期固定特約型

実は、どれが正解という明確な答えは経済学者でも出せないと言われています。理由としては、誰も未来のことは予測ができないからです。ですから、逆に「◯◯ローンが正解です!」とか「◯◯ローンが一番お得です!」と言い切る住宅営業マンや銀行の融資係の方に会った場合は要注意です。

なので、私達イトー工務店がお客様に唯一お伝えできることは、ご自分が選ぼうとしている住宅ローンのメリット・デメリットの情報です。ご自身で新築する時に真剣に選んだ住宅ローンをよく理解して選ぶ事が大切なのです。そして、住宅ローン選びに間違いを起こさない事が重要です。

 

銀行の短期固定型の住宅ローン

銀行さんや信用金庫で組む事ができる住宅ローンは、基本的に2つ。変動金利か短期固定型(変動金利短期固定特約型)です。短期固定だと、金融機関によりますが、2年固定住宅ローン、3年固定住宅ローン、5年固定住宅ローン、10年固定住宅ローン、というように「◯◯年固定」という設定になっています。

◯◯年の固定期間が終わると、変動金利になる住宅ローンや、再度固定年数を選択するタイプの住宅ローンの両方の選択の道がありますが、これは金融機関さんによって違います。

変動金利は、半年に一回金利の見直しがあるという常に金利が動く可能性のあるものです。ただ、変動金利は5年間の間は月々の返済金額自体には変化がないのが特徴です。実は返済金額の内訳では金利と元金の割合が変化しているのです。

変動金利 金利 イメージ

 

全期間固定金利のフラット35

最近ではテレビCMでも宣伝されている住宅金融支援機構の住宅ローン(昔は住宅金融公庫という名前でした)。これは国が貸出しをする住宅ローンで、窓口は近隣の金融機関や最近では保険会社さん、クレジット会社さんなどが取扱いをしたりします。このフラット35の特徴は、金利がずっと変わらないということ、窓口になる金融機関等で金利や借入手数料が変わるということです。そして、全期間固定金利で変動がない為、住宅ローンを返済し終わるまでに自分がいくらの金利を総額で支払うのかが明確になっている住宅ローンなのです。

フラット35 イメージ

 

何を基準に選んだら良いのか?

住宅ローンを選ぶときに、一番数字として表現されててわかりやすく、一番損得に関わってくるものが金利です。少しでも低く金利を設定して、月々の返済額を少しでも下げたい!!そう思ってみえる方ばかりだと思います。コンマ数%をどうやって交渉してさげていくのか???そこに誰もが注力してしまいがちです。しかし、金利をコンマ数%の交渉をするのは、住宅ローンを選ぶ中で最終段階くらいだと思って下さい。もっともっと大切なことがあります。

 

変動金利?固定金利?

もっとも最初に選ばなければならないのは、住宅ローンの変動金利と固定金利のどちらを選択するかということです。一見すると、固定金利が高くて、変動金利が低いのでついつい「変動金利のほうが金利が低くて得なんだ」というミスをしてしまいがちです。ここにまず落し穴があります。

だからといって、変動金利が損だというわけではないのです。住宅ローンの変動金利と固定金利は損か得かで選んではいけないということを知っておいていただきたいのです。

 

変動金利と固定金利の選び方、それはどちらのほうが後々安全なのか?というところで選ばなければなりません。住宅ローンの金利は、2018年現在は史上最低金利と言われています。変動金利のパーセントで表現するなら金融機関によっては0.5%前後と言われています。フラット35の全期間固定の金利も、1.4%前後(フラット35は窓口金融機関によって変動)と言われています。

最近、新築を目指して計画を始められたかただと信じられないかもしれませんが、10年ほど前の住宅ローンはフラット35の金利は3%前後でした。もっと昔の20年以上昔では住宅金融公庫の全期間固定の金利のだと4%〜5%の時代もありました。

 

変動金利を選ぶ時期、固定金利を選ぶ時期

長い目で見て、変動金利や固定金利を見ていると、実は変動だから住宅ローンの金利が低くて、固定だから住宅ローンの金利が高いというわけではなく、時代という目線からみると、どちらもとても低いのです。なので、住宅ローンの金利を目先の金利だけで選ばないようにしてください。どちらも史上最低金利です。

 

では、どうやって選ぶのか?一つの目安として、家を建てる年齢で考えます。例えば、お子さんが産まれたばかりでのご家族は、その時期に教育資金等が家計を圧迫する可能性は低いと思います。なので、全期間固定を選んだり、10年固定金利を選んで長期間家計を安定させ貯蓄計画を立てる事が重要です。

また、そういったご家族とは逆に、高校生や大学生のお子さんがいご家庭の場合は、まずは目の前で家計を圧迫している教育資金を無事終えることが大切となります。ですから、この時期を乗り越えるまでは、3年固定や5年固定、もしくは変動金利で極力、住宅ローンの返済金額を抑えて教育資金を乗り越えて、教育資金が終わった頃に金利の見直し等をしてみてはいかがでしょうか。

ただ単に安全だからフラット35のような全期間固定が正しいというわけではないのです。建築をされる家族の状態や年齢等によって様々な選択肢があります。

 

次に大切なことは…

次に、住宅ローンを選ぶポイントは、金利意外にかかってくる費用面です。最近は「安全だから」という理由でフラット35を選択される方が増えてきましたが、このフラット35にはあまり知られていない落し穴がいくつかあります。その落し穴にハマってしまって後悔されているという方もいらっしゃいます。

大切なことは、住宅ローンを金利意外の部分でも比較していくことです。そうすれば、その落し穴に気づくことができますし、自分自身が求めていた住宅ローンに出会うこともできます。

 

では一体、何を比較していくのか?

この内容につきましては、イトー工務店で開催している住宅ローンアドバイザーの代表 伊藤明が講師をつとめる『後悔の無い住宅ローンセミナー』にてお伝えしています。

 

このセミナーで得られる内容をほんの少しだけお伝えすると…

 

1.住宅ローンを金利以外の目線で選ぶことができるようになる!

2.今、一番安心安全と言われる金利の設定をもった住宅ローンとその金融機関をお伝えします!

3.住宅ローンの正しい考え方が身につきます!

 

この3点を知るだけで、絶対に後悔することがないレベルにまで知識を高めることができます。もしもこの『後悔の無い住宅ローンセミナー』を受けてみたいという方は、

電話:0120−54−3414(AM9:00〜PM6:00)

メール:info@ito-home.com

または、▶▶こちらのお問合せ◀◀から

西尾市 新築のお問合せ イメージ

「住宅ローンセミナー受講希望」と入力いただき、

お申込みください。必ず聞いてよかった!という情報をご提供いたします!

 

 

■イトー工務店のホームに戻るのはこちら

西尾市 新築 工務店 イメージ

■安心安全の家づくりの想いを込めた▶▶イトー工務店の新築の資料がほしいという方はコチラ◀◀

新築 資料請求 イメージ