住宅ローン24|愛知県西尾市で注文住宅の金利の相談はイトー工務店

愛知県西尾市で木の家の注文住宅、理想の新築ならイトー工務店

スタッフブログ

中園良太nakazono

住宅ローン基礎知識25

2019年 01月 11日 (金)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

イトー工務店の中園 良太です

今年は住宅ローンだけでなく、お家に関することも書いていこうと思います。楽しみにしていてください!

 

お正月はついつい食べ過ぎてしまいますね。食べることは楽しいので良いのですが、その後が問題で休み明けに体重計に載ったらなんと「80キロ」の大台にのっていました!自分でもビックリです。筋トレ器具も購入したので今年はバキバキの体系を作ろうと思います(^^♪

 

さて、今年初めてのブログを書いていきたいと思います。前回は連帯保証人が必要になる場合とはどんな場合なのか?2つのケースがあるとお伝えしました。今回はこの2つのケースについて解説をしていきます。

 

〇夫婦や親子でペアローンを組むケース

それぞれが独立した住宅ローンを組み、互いに連帯保証人となります。

 

〇夫婦など2人の収入を合算して1本のローンを組むケース

ローン名義は単独ですが、審査は2人の収入を合算して行います。収入合算者が連帯保証人となります。

 

これ以外に、金融機関や審査の状況によって連帯保証人を求められるケースがあります。

 

〇土地や建物の名義が共有のケース

名義が共有というだけなら連帯保証人まで求められるケースはまれですが、複数の名義で住宅ローンを借りる場合は互いに連帯保証人となることが一般的です。

 

〇申込人の年収が少ない&勤続年数が短いケース

金融機関(銀行など)によっては、連帯保証人を求められることがあります。

 

また、下記のようなケースもありますのでご参考にしてください。

 

〇親名義の土地に子どもが家を建てるケース

親が土地を提供したり現金を出した場合は、返済義務がない担保提供者となるのが一般的です。

 

ここまでお話しすると、勘のいい方なら疑問を持たれたはずです。

夫婦など2人の収入を合算して1本のローンを組む場合は「連帯保証人」なの?

「連帯債務者」ではないの?

 

そうですよね。「連帯保証人」と「連帯債務者」とは何が違うのでしょうか?

 

〇本人と同様に債務を負うのが「連帯債務者」

「連帯債務者」を言葉どおりに読み解くと、連帯して債務を負っている者ということです。

 

連帯して債務を負うということは、それぞれが同一の債務について同じように責任を負うということです。

 

 

例えば、夫婦が2000万円の住宅ローンを連帯債務で借りるケースなら、夫婦それぞれが借入れ先に対して、2000万円全額についての責任を負うことになります。もちろん、2000万円が2倍になるわけではなく、2000万円全額を返済すれば債務はなくなります。

 

本人と共に債務を負う「連帯債務者」は、いつでも金融機関から返済請求を受ける可能性があります。また、それぞれの負担割合にみあった住宅ローン控除を受けることも可能です。

 

団体信用生命保険についてはまた次回詳しく説明しますが、連帯債務者を団体信用生命保険に加入させるケースはあまりありません。収入合算をしたにも関わらず、合算者の万一に対する保障がないのでは心配です。金融機関から加入をすすめられなくても、別途その負担にみあうだけの保障を検討する必要がありますね。

 

今回はここまでにして、次回つづきのお話しをしていきますね。

モデルハウスについてゆめのはこ